BG続編2020のキャスト相関図一覧!江口洋介や斎藤工の続投ほか前作との違いを徹底検証!

BG続編2020のキャスト相関図一覧!江口洋介や斎藤工の続投ほか前作との違いを徹底検証!
Pocket

2020年4月、2年ぶりにあのキムタク主演のドラマ『BG ~身辺警護人~ 』が帰ってきますよ!

前作の『BG ~身辺警護人~ 』では木村拓哉さん演じるボディーガードの島崎章が所属する民間警備会社と、江口洋介さん演じるSP・落合義明率いる警視庁との対立を軸に物語が進んでいきましたが、続編ではどうなっていくのでしょうか。

キャストや相関図は、前作とどう違いがあるのかも気になります。

江口洋介さんのSP姿、渋くてかっこよかったので2020年も続投を期待したいですよね。

また、主人公の章の同僚で斎藤工さん演じる高梨雅也は、最初は章と衝突することが多かったものの、一緒に仕事をするうちに段々章を信頼するようになっていって・・・。

そんな2人がとてもいいコンビだったので、続編でも斎藤工さんには是非活躍して欲しいです!

江口洋介さんや斎藤工さん以外にも、前作の相関図一覧を見てみると他にも重要な役どころがあるので、この機会におさらいしておきたいですよね。

今回はそんな方のために前作の相関図を振り返りつつ、続編の相関図についても一覧にしてまとめていきますので、しっかりチェックしていきましょう。

また、気になるキャストの続投はあるのかという点も徹底検証していくので、どうぞ最後まで読んでみてくださいね♪

 

BG続編2020のキャスト相関図一覧!

BG続編2020のキャスト相関図一覧!江口洋介や斎藤工の続投ほか前作との違いを徹底検証!

出典:TV朝日公式HP

こちらは前作の『BG ~身辺警護人~ 』の相関図の画像ですが、章のライバル役を演じる江口洋介さんはもちろん、章が所属する身辺警護課の個性豊かなメンバーを演じるキャスト陣の続投も気になってきますね。

それと、個人的に前作で特に注目していたのは、章の元妻役で登場する山口智子さんの存在。

木村拓哉さんと山口智子さんが元夫婦役だなんて、驚いた方もいるのではないでしょうか?

そうなんです!この2人と聞いて思い出すのは、1996年放送の大ヒットドラマ『ロングバケーション』ですよね!

実は前作の『BG ~身辺警護人~ 』では、あの『ロンバケ』以来22年ぶりの共演だったんです。

なっし
2人の久しぶりの共演、『ロンバケ』ファンにはたまらないね♪

残念ながら今のところ山口智子さんの名前は、続編の公式サイトでは見つけられませんでした。

しかし前作で山口智子さんは第6話からの登場だったので、続編ももしかしたら後半から登場・・・という可能性もあるかもしれません。

前作のキャストをこうして振り返ってみると、ますます続編に出演するキャスト陣や相関図も気になってきますよね。

まずは続編の登場人物を、キャストとともに箇条書きでご紹介します。

  • 島崎章:木村拓哉
  • 高梨雅也:斎藤工
  • 菅沼まゆ:菜々緒
  • 沢口正太郎:間宮祥太郎
  • 中島小次郎:道枝駿佑
  • 笠松多佳子:市川実日子
  • 小俣健三:勝村政信
  • 劉光明:仲村トオル

前作で殉職した身辺警護課・課長役の上川隆也さん以外、身辺警護課に所属するメンバーを演じるキャストは続投するようですね!

と言うことは続編でも、木村拓哉さんと斎藤工さんがタッグを組むことになるのでしょうか・・・非常に気になります!

また、続編では新たに4人のメンバーがキャストに加わりますが、一体どんな役どころなのか知りたいですよね。

前作の主要人物含め、続編から登場する新キャラクターについても、もう少し詳しく見ていきましょう♪

 

島崎章(しまざきあきら):木村拓哉

自身の警護ミスにより、サッカー選手・河野純也から選手生命を奪ってしまったことに責任を感じて長らく身辺警護業務から退いていた章でしたが、「日ノ出警備保障」の身辺警護課の新設を機に“新人”ボディーガードとして復帰しました。

その卓越した身体能力と護衛スキルを駆使して活躍しますが、「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後の経営方針に疑問を抱きます。

しばらくは利益優先なその経営方針に甘んじていましたが、もう一度「弱き者の盾になる」という使命を貫くため独立を決意。

「KICKSガード」を離れ、フリーのボディーガードとして新たに再出発します。

私生活では離婚しており、一人息子・瞬と二人暮らしですが、反抗期を迎えた瞬との接し方に四苦八苦しています。

果たして続編ではどのような活躍を見せてくれるのか、今から楽しみですね。

 

木村拓哉のプロフィール

  • 木村拓哉(きむらたくや)
  • 生年月日:1972年11月13日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型

1991年にSMAPのメンバーとしてデビューし、同年に初の紅白歌合戦に出場しました。

「キムタク」の愛称で知られ、アイドルの枠を飛び越えて様々なドラマ作品に出演しています。

そして出演作は軒並みヒットを記録することから「高視聴率男」と呼ばれることも多いです。

そんな木村さん、『BG ~身辺警護人~ 』の続編を撮るにあたり、キャストと脚本家の井上由美子さんを交えセッションを行うなど、かなり気合が入っているようで、ますます続編が楽しみになりますよね。

 

高梨雅也(たかなしまさや):斎藤工

元自衛隊員のボディーガードで「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働いていました。

しかし、章が「KICKSガード」を辞めた真意を知るために、章を訪ねたことがきっかけで、ある依頼人を一緒に警護することになります。

相変わらず愛想もなく融通の利かない性格の高梨ですが、ボディーガードの仕事には熱い使命感を持っています。

口は悪いけどどこか憎めない高梨・・・続編でも前作同様活躍して欲しいですね。

 

斎藤工のプロフィール

  • 斎藤工(さいとうたくみ)
  • 生年月日:1981年8月22日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型

第31回高崎映画祭『団地』最優秀助演男優賞、2015年エランドール賞受賞。

俳優業に留まらず、2018年に映画『blank13』では“齊藤工”の別名義で長編監督デビューもしています。

184㎝の高身長と甘いマスクの持ち主の斎藤さんですが、バラエティーでは「こんな事して平気なの!?」と思ってしまうくらい体を張って笑いを取る一面もあり、そんなギャップがまた魅力的ですよね。

『BG ~身辺警護人~ 』の続編では章とともに「KICKS(キックス)ガード」を離れるみたいですが、また二人のタッグに期待してもいいのでしょうか?

恋人の菅沼まゆとの今後の関係も非常に気になります!

 

菅沼まゆ(すがぬままゆ):菜々緒

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。

課内唯一の女性ボディーガードで、「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていました。

元柔道選手で自身の運動神経にはかなり自信があり、その運動神経を活かしてお金を稼ぐためにこの仕事をしていると割り切っています。

そのため「KICKSガード」の方針にも納得しているわけではないですが、気持ちを切り替えて従っています。

スタイル抜群な菜々緒さんのボディーガード姿、本当にかっこよかったので続投は嬉しいですね。

 

菜々緒のプロフィール

  • 菜々緒(ななお)
  • 生年月日:1988年10月28日
  • 出身地:埼玉県
  • 血液型:O型

2009年より芸能活動を開始し、172㎝という抜群のプロポーションを活かしてモデルとしても活躍しています。

また、ドラマや映画では気の強い女性や悪女を演じることが多い菜々緒さん。

今回の『BG ~身辺警護人~ 』でも、その凛とした美貌が似合う芯の強い女性を演じています。

 

沢口正太郎(さわぐちせいたろう):間宮祥太朗

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。

「日ノ出警備保障」で章と共に働いていた時は、ボディーガードとして全くの素人でした。

物事をあまり深く考えず、ノリが軽い、今時の若者といった感じの沢口でしたが、今では一人前のボディーガードに成長。

章が「KICKSガード」を辞めたことには衝撃を受けますが、最終的には菅沼と同様「KICKSガード」に残ることを選択します。

続編では章に仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒でこっそり協力していくみたいです。

 

間宮祥太郎のプロフィール

  • 間宮祥太郎(まみやしょうたろう)
  • 生年月日:1993年6月11日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:O型

2008年にドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生』で俳優デビュー以降、ドラマ『水球ヤンキース』や映画『お前はまだグンマを知らない』など数々の作品に出演する人気若手俳優です。

前作ではまだ頼りない新人ボディーガードという役どころでしたが、今回は成長した姿を見せてくれるみたいなので、期待したいですね♪

 

中島小次郎(なかじまこじろう):道枝駿佑

情報工学を専攻している大学生で、章が私設ボディーガードの事務所を構えた雑居ビルの1階にあるカフェ「ジャンクション」でアルバイトをしています。

誰に対しても物怖じしない性格で思ったことはストレートに言う性格のため、章にも進んで声を掛け、章の事務所のホームページ制作を買って出るなど、ぐいぐい距離を縮めていきます。

 

道枝駿佑のプロフィール

  • 道枝駿佑(みちえだしゅんすけ)
  • 生年月日:2002年7月25日
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:O型

関西ジャニーズJr.から結成されたグループ「なにわ男子」のメンバーです。

同じ事務所の木村拓哉さんが憧れの存在ということで、今回の『BG ~身辺警護人~ 』への出演が決まった際には「5秒くらい時が止まりました・・・」と話しています。

そんな憧れの木村さんとの初共演、是非応援したいですね!

 

笠松多佳子(かさまつたかこ):市川実日子

「菊理会 白山総合病院」に勤める整形外科医で、「日ノ出警備保障」時代からずっと身辺警護課の契約担当医をしています。

身体のケアの他、ボディーガードの愚痴を聞くなど、章たちにとっては癒しの存在です。

こんな美人な先生がいたら、ボディーガードの中で恋に落ちてしまう人が出てきてもおかしくないですよね!

 

市川実日子のプロフィール

  • 市川実日子(いちかわみかこ)
  • 生年月日:1978年6月13日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型

10代よりモデルとして活躍し、1994年に雑誌『オリーブ』の専属モデルになりました。

1999年には『タイムレスメロディ』で映画デビューして以来、『シン・ゴジラ』や『嫌われ松子の一生』のなど多数の作品に出演している実力派女優です。

姉に、同じく女優として活躍する市川実和子さんがいます。

こんなに可愛くて素敵な40代がいるなんて、衝撃的です・・・。

 

小俣健三(おまたけんぞう):勝村政信

警視庁・警護課出身で、前作で殉職した村田五郎(上川隆也さん)の後任として「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長に就任。

クライアントの安全を最優先とし、部下思いで温厚な性格の村田とは違い、利益重視の経営方針に追従しています。

独立した章たちのことも徹底的に敵視しているようです。

 

勝村政信のプロフィール

  • 勝村政信(かつむらまさのぶ)
  • 生年月日:1963年7月21日
  • 出身地:埼玉県
  • 血液型:A型

劇団『第三舞台』出身で、舞台・ドラマ・映画で数々の作品に出演する演技派俳優です。

そんな勝村さん、今回の『BG ~身辺警護人~ 』でもなかなかクセのありそうな役ですが、どんな風に演じてくれるのか楽しみですね。

 

劉光明(りゅうこうめい):仲村トオル

IT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」の社長。

とある理由から警備業界に目をつけ、「日ノ出警備保障」を買収しました。

中国人と日本人の両親のもとに生まれ、その経営手腕には目を見張るものがあります。

ビジネス面での成功を重視する男で、ボディーガードの地位と利益を上げるためにはクライアントも政財界のVIPに限定すべきだと考えており、人命を金銭で量るところがあります。

そのため「弱き者の盾になる」という真逆の考えで組織を去った章たちに対して、内心ではよく思っておらず何か企んでいるようです。

 

仲村トオルのプロフィール

  • 仲村トオル(なかむらとおる)
  • 生年月日:1965年9月5日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型

1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。

同作品で、第10回日本アカデミー賞新人賞や、第8回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しました。

1995年には女優の鷲尾いさ子さんと結婚しています。

最近ではドラマ『家売るオンナ』シリーズでの気の弱い課長役が記憶に新しいですね。

今回の『BG ~身辺警護人~ 』では、劉光明という人物をどのように演じてくれるのか、注目したいです。

 

BG続編2020のキャスト江口洋介や斎藤工の続投はあるの?

続編『BG ~身辺警護人~ 』のキャストや相関図をご紹介しましたが、齊藤工さんは続投されることがわかりましたね。

また章とのやり取りや連携プレーが見られるのではないでしょうか?

これは乞うご期待です!

そして、お気づきかと思いますが、実は江口洋介さんの名前はキャスト一覧には見当たりません・・・。

そのため続投もないと考えられますね。

江口洋介さん演じる警視庁のSP・落合義明は、主人公とは対立関係にあったものの、江口さんの大人の魅力がいい感じに役に合っていたので、これは非常に残念です・・・。

ぷる
江口洋介さん出ないのー!?

ライバル役がいないとドラマがつまらなくなっちゃうよ・・・。

みーたん
そうだよね。

でも続編にも新たなライバル的存在が出現するみたいだから、気を落とさないで!

章の次なるライバルは一体どんな相手なのでしょうか?

早速チェックしていきましょう。

 

BG続編2020のキャストの前作との違いを徹底検証!

続編『BG ~身辺警護人~ 』の登場人物の詳細を見る限り、今回は「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長・小俣健三と、「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」の社長・劉光明が章のライバル的存在になりそうです。

特に「KICKSガード」の大元である「KICKS CORP.」を取り締まる社長の劉光明は、敏腕経営者というだけあって頭もキレそうですし、章にとって大きな壁として立ちはだかるのではないでしょうか?

このように、主人公と敵対する存在が江口洋介さん演じる落合義明から、仲村トオルさん演じる劉光明になるという点が、前作と続編の大きな違いとなります。

仲村トオルさんもまた江口洋介さんと同様、ダンディでとても素敵な俳優さんなので、これはこれで楽しみですよね!

章がそうしたライバル達と続編でどのようにバトルを繰り広げていくのか見ものです!

また、他にも新たに登場する女性キャラクターである医師の笠松多佳子の存在も気になりますね。

ボディーガード達の癒しの存在ということで、主要人物の誰かと恋愛関係に発展するのではないかと期待してしまいます。

章は離婚しているので、もしかしたら章と・・・なんてこともあるかも知れませんね!

なっし
他にも、新キャストのなにわ男子・道枝駿佑さんが、憧れの木村拓哉さんの前でどんな演技をするのかも必見だよね!

確かに江口洋介さんの続投がないのは残念ですが、続編のキャストも個性豊かな面々で、どんなストーリーを織りなしていくのか興味深くなってきましたね。

前作に引き続き、見る価値は充分にありそうです!

 

BG続編2020のキャスト相関図一覧!前作との違いまとめ

今回は2020年に『BG ~身辺警護人~ 』の続編の放送が決まったということで、前作のキャストや相関図を一覧で振り返り、前作との違いや、気になる江口洋介さんと斎藤工さんの続投があるかどうかについてもまとめてきました。

続編の相関図一覧を確認すると、新しいキャストも増え、主人公の章の立場も前作とは大きく異なることが予想されるため、今後どんなストーリーが展開していくのか気になってきたのではないでしょうか?

江口洋介さんの続投がないのは寂しいですが、それ以上に、新たなライバル役の仲村トオルさんの出演や、美人女医役の市川実日子さんの登場で、さらに盛り上がっていくと思います。

何より齊藤工さんの続投で、またあの章と高梨のコンビが見られるのは嬉しいですよね!

前作との違いにも期待しつつ、2020年も『BG ~身辺警護人~ 』を楽しみましょう♪

関連サイト:公式HP/公式Twitter/