BTSが日本語を話さなくなった理由は?上手いのか下手なのか過去の動画で検証!

BTSが日本語話さなくなった理由は?上手いのか下手なのか過去の動画で検証!
Pocket

日本語で歌う曲も数多くリリースしていて日本のファンも多いBTSが、今度はアメリカのビルボード・ミュージック・アワードでトップ・ソーシャル・アーティスト賞を5年連続受賞という快挙をとげましたね!

韓国や日本だけでなく、世界に向かって羽ばたいている姿に圧倒されっぱなしです。

世界的なコロナ禍で、直接ステージを見たり歌を聴いたりすることがなかなかしづらくなっている中で、Youtube動画などでパフォーマンスを見ることが増えました。

そこでよく聞かれるようになったのが、BTSって日本語話さなくなったの?という疑問です。

過去にもBTSの話す日本語が上手いか下手かの議論も交わされましたが、理由もなく議論が沸き起こることはないので、そうなってくると実際に話しているところを見てみたいですよね。

この記事では、日本語を話さなくなったと言われる理由や、本当は上手いのか下手なのかを、過去の動画をチェックしながら検証していきたいと思います!

 

BTSが日本語を話さなくなった理由は?

日本でのデビュー7周年を迎え、破竹の勢いで世界に進出しているBTS。

YouTubeプレミアのミュージックビデオ歴代最多視聴記録を更新するなど、オンラインでも快進撃を続けています。

そんなBTSのメンバーは、日本デビューの時には日本語で話していて、日本のファンにも親しみやすさがありましたよね。

最近のBTSは日本語を話さなくなったようですが、なぜそう言われているのかその理由を探ってみましょう!

 

BTSは日本語を話す必要がなくなった?

先ほど言ったように、BTSはビルボードやグラミー賞など世界の舞台でもトップに躍り出ています。

今や世界的なビッグスターとなった彼らは、デビューの頃日本のファン獲得のために話していた日本語を使う必要がなくなったのでしょう。

むしろ今は、英語で世界中のファンに向けたメッセージを流す方がヒットのチャンスにつながります。

BTSのステップアップにとって、ファンが限定される日本語より多くのファンに伝わる英語を使うことは自然の流れと言えますね。

 

日本と韓国の関係のせい?

現在開催されているオリンピック関連のニュースなどからも、日本と韓国の関係があまりよくないことは明白です。

日韓関係が良くないという政治的な事情もあって、日本語ができることをあまりアピールしなくなったのかもしれませんね。

実際にメンバーのジミンさんが着ていたシャツが原爆をモチーフにしていたことが日本で議論を呼び、テレビ出演がキャンセルされるという事態も起こりました。

植民地支配していた時からの両国間の問題が、エンターテイメントの世界にも広がっているのは残念なことですが、問題の奥深さから考えると仕方ないことかもしれません。

 

BTSはいつから日本語を話さなくなった?

前述した原爆Tシャツの件以来、日本語の発信が減ったようですね。

このことで日本人のファンが減ったという見方もあり、また韓国のファンには国民感情として自国のスターが日本語を使うことを快く思っていない人もいますので、そういった人に配慮しているのではないでしょうか。

いずれにしてもBTSの目は今世界を向いているので、必然的に日本語を使う機会が減っているのでしょう。

それでもまったく使わなくなったという訳ではなく、日本語を話す動画もいくつも見受けられますし、日本でテレビ出演する際などは積極的によく使っています。

決して日本をないがしろにしている訳ではなく、今がタイミングではないということなんでしょうね。

 

BTSが日本語上手いのか下手なのか過去の動画で検証!

BTSが日本語を話さなくなった理由について調べたところで、今度は彼らの日本語力についても確認していきたいと思います。

上手い・下手がよくわかる過去の動画を見ながら検証していきましょう!

 

BTS日本語上手い動画

まずは、BTSが日本語が上手いのかチェックしてみましょう。

過去から現在までのインタビュー動画やコメント動画を集めてみました!

日本語力の成長にも注目です!

 

2018年2月の動画

こちらはRMさんが自分の言葉で話している貴重な映像です。

これを見ると、インタビュアーの質問をしっかり理解し、なおかつ自分で考えて話しているのがよくわかりますよね!

ここまで会話が成り立っているということは、かなり日本語を勉強していると思います。

しかもこれを聞いているメンバーもリアクションを取っているので、会話を理解できているということになりますよね。

BTSの日本語力が高いということが垣間見えるシーンでした♪

 

2018年3月の動画


通訳なしでインタビューに答えていて、しかも笑いもとっていますね。

外国語で話しているとちゃんとした文章になっているかどうかに気を取られがちですが、盛り上げることも考えられてさすがだと思いました。

わからないことがあったらすぐ会社の人に聞くという答えがありましたが、真面目にコツコツと努力をしているんですね!

 

2021年7月の動画

先日のFNS歌謡祭に出演した時の動画です。

決まったセリフを言っているんだと思いますが、発音もきれいで何を話しているのかはっきり伝わりますよね。

ももち
日本語だんだん上手になってきてて感動
なっし
うますぎだししかもかわいい

ファンの声からも、日本語が上手くなってきていることがわかります。

今も日本語を忘れずに練習してくれているのは嬉しいですね!

 

BTS日本語ヘタな動画

それでは次に、BTSが日本語が下手だと思われるシーンをチェックしてみますね。

上手いか下手かは、聞いた人の感覚によって違ってきますが、一緒に動画を見て確かめていきましょう!

 

2018年4月の動画

たどたどしい日本語で、発音やアクセントが外国人だなと思わせますね。

それでも電話での受け答えが出来るというのは実はなかなか上級者ですよ!

相手が目の前にいる状態だと身振り手振りなどで伝わったりしますが、電話はそれができないので難易度が高いんです。

この動画を見た人からも、努力して日本語を学んだことに対する賞賛の声が寄せられています。

まちゃ
ナムさんってほんと可愛いよね
しかもめっちゃ頑張って日本語勉強したんだなーって思ったら泣きそう笑
ぷる
頭いいし真面目だし
努力家だなーーさすがすぎる

元々頭がいいのかもしれませんが、それでも外国語を習得するには地道な練習や繰り返しの実践が欠かせません。

努力がうかがえる貴重な動画ですね!

 

2018年12月の動画

こちらはちょっとグダグダしたプライベート風の動画で、韓国語と日本語が混ざっています。

二人の会話は仲の良さがよくわかるもので、喋っている日本語はカタコトですが日本語を楽しく使っているのがわかって、見ていてニヤニヤしちゃいますね♪

以上の動画を見る限り、BTSのメンバーの日本語力はかなり使いこなせていると感じました。

ビルボードチャートにランキングされるほどの実力があるアーティストが、私たちの国の言葉を使ってくれているというのは、ありがたいし嬉しいことですよね。

通訳を通さずに自分の気持ちや考えを伝えられるというのは、よほどの勉強をしないとできないことです。

日本語が上手くてもヘタでも、「同じ言葉で伝えたい!」という気持ちが嬉しいですよね♪

 

まとめ

BTSが日本語を話さなくなった理由や上手いか下手かについて、過去の動画を元に検証してきましたが、いかがでしたか?

実際どうなのかについて、動画を見れば一目瞭然ですよね!

デビューしてから今まで、決して平坦ではない道のりでしたが、世界のトップまで登りつめた偉業は素晴らしいです。

過去に何があったのか、結局日本語が上手いのか下手なのかは、記事を読んでいただければわかります♪

理由はどうあれ、日本語を話さなくなったとしてもBTSが私達に見せてくれる夢は変わることなく続いていきます。

これからもトップアーティストとして、世界の舞台でキラキラと輝く姿を見せてくれることを期待しましょう♪