ディアシスター石原さとみの病気はSLE?秘密にしていた理由ネタバレ

ディアシスター石原さとみの病気はSLE?秘密にしていた理由ネタバレ
Pocket

『ディアシスター』の石原さとみさん、天真爛漫で愛嬌たっぷりで、とってもかわいいですよね。

小悪魔的な言動で周りの人たちを巻き込んでいく姿が、まさに妹キャラ!

見ている私たちもメロメロになってしまいます。

石原さとみさん演じる美咲は、突然姉である葉月の家に現れ、葉月の平穏な生活をかき乱していきます。

葉月の意見などおかまいなしで、美咲は自由奔放にどんどん行動してしまうのです。

なんだか葉月の順調な人生を邪魔しているようにも見えます。

なぜ葉月の人生を変えようとするのでしょうか?

その理由には、美咲のSLEという病気が関係しているのです。

SLEとはどんな病気なのか?

なぜ病気のことを秘密にしているのか?

この記事は『ディアシスター』石原さとみさん演じる美咲がSLEであることを秘密にしていた理由のネタバレ記事です。

姉である葉月の前に現れ、周りの人たちを巻き込んで葉月の人生を変えようとする理由をネタバレします!

 

ディアシスター石原さとみの病気はSLEなの?

美咲は普段は元気すぎるくらい元気いっぱいなのですが、ときどき辛そうに寝ていたり、妊娠中なのに薬を飲んでいたり、立ちくらみで倒れたり…

おや?妊娠以外に何か隠していることがあるのかな?と気になることがしばしばありました。

その秘密が明らかになるのが第6話です。

第6話で、美咲は親友である永人に自分がSLEという病気にかかっていることを打ちあけます。

それまでも日傘をさしていたり、日光にあたって発疹ができたりするシーンがありましたが、それは美咲がSLEだったからなんですね。

SLEは全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus)といって、免疫システムに異常が起きてしまう病気です。

本来ウイルスや細菌を攻撃するはずの免疫細胞が、間違って自分自身の体の細胞を攻撃してしまい、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症を引き起こします。

美咲にできた発疹も、SLEの代表的な症状の一つです。

SLEは男性よりも女性に多い病気で、特に20~40代の方に多く発症します。

一度SLEにかかると完治することは少なく、慢性的な経過をたどる場合が多いようです。

症状の程度は個人差がありますが、自分の体調によって、病状が安定したり、悪化したりします。

病状が安定しているときは問題なく日常生活を送ることができますが、日光に長時間さらされたり、感染症にかかったり、妊娠出産したりするなどのきっかけで病状が悪化することもあるようです。

美咲は毎日薬を飲んでいますが、それはSLEの症状をおさえるためだったんですね。

 

SLEは妊娠出産できないなんて本当?

結論から言うと、SLEだからといって妊娠出産できないわけではないようです。

病状が安定しており、ひどい症状が出ていなければ妊娠出産も可能です。

だた妊娠出産は体に大きな負担となるので、場合によっては病状が悪化したり、お母さんや赤ちゃんに悪い影響を及ぼすこともあります。

このドラマで美咲は突然の妊娠をしますが、できれば病状が落ち着いたのを見ながら、計画的に妊娠できることが望ましいようです。

病気が悪化したまま妊娠をすると、流産や早産を引き起こすことがあります。

また妊娠出産の体への負担が原因でSLEが悪化する場合もあります。

リスクが全くないわけではないので、お医者さんと相談しながらの妊娠出産になるようです。

 

ディアシスター石原さとみが病気を秘密にしていた理由【ネタバレ】

第9話で、美咲は病院で倒れてしまいます。

かけつけた葉月と、姉妹の母親である七重は、そこで美咲がSLEであることを医師から知らされました。

病気のことを全く知らなかった葉月と七重は、美咲の病気を知ってショックを受けます。

美咲が病気を秘密にしていたのは、家族や周りの人たちに心配をかけたくなかったからでした。

美咲は高校を卒業し家を飛び出してから、家族とは音信不通だったのですが、その間に病気がわかり、入退院を繰り返したり日常生活が制限されたりと壮絶な経験をしてきたようです。

そんな辛い日々を過ごしていたときに、美咲はお腹に赤ちゃんを授かりました。

お腹に赤ちゃんを授かったことで、今まで見てきた世界が違って見え、未来に希望を持てたという美咲。

何としてもこの子を産みたいという気持ちが、美咲に生きる原動力を与えたのです。

SLEをかかえての妊娠出産はどうなるかわかりません。

自分の死を意識したときに、生まれてくる赤ちゃんの未来のことを考えたのでした。

万が一、自分が死んでしまったら、頼れるのは姉の葉月しかいない。

そのためには、葉月にどうしても幸せになってもらいたい。

「幸せだな」と思って生きている人に、自分の子を育ててもらいたい。

そう考えて、美咲は葉月のところに現れ、葉月の人生を変えていったのです。

 

美咲の秘密ついて世間の反応は?

美咲には何か秘密があるんじゃないかと気になっていたのですが…

みなさん美咲の病気がわかって納得のようです。

日傘をさしていた理由も明らかになりました。

病気をかかえながらの妊娠出産を心配する声もあります。

美咲もお腹の赤ちゃんも無事で、ハッピーエンドを迎えて欲しいですね。

 

ディアシスター石原さとみの病気と秘密にしていた理由のネタバレまとめ

この記事では『ディアシスター』石原さとみがSLEにかかっていたことを秘密にしていた理由をネタバレしました。

石原さとみ演じる美咲がSLEであることを秘密にしていた理由は、家族や周りの人に心配をかけたくないという思いが強かったからなんですね。

そしてSLEの闘病中に突然の妊娠をしたことで、生きる原動力を得たのと同時に自分の死も意識しました。

SLEだからといって、妊娠出産ができないというわけではありません。

でも万が一のことを考えると、自分が死なないとは言い切れない。

ではお腹の赤ちゃんの未来を考えたとき、どうすればよいか。

だから頼れる姉である葉月のところに行き、何かあったときに自分の子どもの未来を託すことができるようにしたかったのです。

葉月の邪魔をしてばかりに見えた美咲の行動も、実はすべて葉月を幸せにするためのものだったんですね。

以上、『ディアシスター』石原さとみがSLEにかかっていたことを秘密にしていた理由ネタバレ記事でした。