ドラマの視聴率どのくらいが高いの?最近の合格ラインは何パーセントかも調査!

ドラマの視聴率どのくらいが高いの?最近の合格ラインは何パーセントかも調査!
Pocket

ドラマの視聴率はどのくらいが高いといわれているのでしょうか?

最近のドラマ視聴率の合格ラインが何パーセントかについても調査したので併せて紹介していきます!

りみ

好きだったドラマの視聴率が悪くて打ち切りみたいな終わり方したときはかなりショックだったな…。

どのくらいが高いかはかなり気になる!

あや

昔と今じゃ視聴率の合格ライン変わったって聞くし、最近は何パーセントが合格ラインなのか知りたい!!

こちらの記事を最後まで読めば、視聴率についてのあなたの悩みがすべて解消されること間違いないので、ぜひ最後までご覧ください♪

 

ドラマの視聴率どのくらいが高いの?

ドラマの視聴率はどのくらいが高いといわれているのでしょうか?

こちら調べましたところ、昨今では15パーセント辺りからヒット作品と呼ばれ、20パーセント付近から大ヒット作品と呼ばれていることが分かりました!

昔は20パーセント以上の視聴率を取る番組も多く、中には30パーセントを超えるような大ヒット番組もありました。

しかし、インターネットの普及でテレビ離れが進み、高いといわれる視聴率の値も下がっているようですね。

りみ

確かに私も最近、テレビよりYouTubeとかNetflixばっかり見てる。

あや

見逃し配信とかもあるからリアルタイムであんまり見なくなってくるよね。

便利な世の中になるのはいいことですが、テレビが見られなくなっていくのは少し悲しいですね。

ちなみに最近のドラマはどのくらいの視聴率をとっているかご存知でしょうか?

ここで、2021年の高視聴率ドラマを10作品をランキング形式で紹介したいと思います!

 

2021年高視聴率ドラマTOP10(平均視聴率)

2021年に放送されたテレビドラマの中で、平均視聴率が高かったドラマを1位から順に紹介していきます!

あなたの好きなドラマは何位にランクインしているでしょうか?

  1. 麒麟がくる(1月期、18.4パーセント)
  2. ドクターX(10月期、16.3パーセント)
  3. 日本沈没(10月期、15.9パーセント)
  4. 天国と地獄(1月期、15.3パーセント)
  5. ドラゴン桜(4月期、14.8パーセント)
  6. 青天を衝け(1月期~10月期、14.8パーセント)
  7. TOKYO MER(7月期、13.6パーセント)
  8. 相棒(10月期、13.6パーセント)
  9. 特捜9(4月期、13.1パーセント)
  10. 緊急取調室4(7月期、12.1パーセント)

2021年で平均視聴率を20パーセント超えたドラマはないのが分かります!

上記の一番視聴率の高いドラマと言われている「麒麟が来る」でも18.4パーセントという数字なので、大ヒットドラマを生み出すのがいかに難しいかが分かりますよね。

りみ

ドラゴン桜は毎週楽しみにしながら見てたなー!

前やってたのも好きだったしめちゃ人気だと思ってたけど、それでも15パーセント超えてないんだね。

あや

それでいうとさ、長い期間やってる「青天を衝け」がドラゴン桜と同じ平均視聴率ってすごいよね。

ちなみに一番最近で20パーセント越えを叩き出したドラマは2020年7月から放送されていた「半沢直樹2」で、24.8パーセントという驚異的な数字を出していました!!

前作も大人気で社会現象にまでなっていましたから、大ヒットするのも分かりますね!

視聴率がどのくらいで高いといわれるか分かったところで、今度は逆にどのくらいから低いといわれるかについて解説していきます。

 

ドラマの視聴率が低いってどれくらい?

ドラマの視聴率がどのくらいで低いと評価されてしまうのか…。

その具体的な数字は残念ながら定かではありませんでした。

ですが、歴代のテレビドラマで視聴率が悪いランキングをいくつか調べたところ、ほとんどが7パーセントを切っていたので7パーセント付近が低いといわれている値だと考えられます。

ちなみに余談にはなりますが、最近の傾向として高く視聴率を取るドラマはどれも「派手で分かりやすい」ものが多いようです。

「半沢直樹」や「あなたの番です」などがそうですね!

丁寧で作りこまれたドラマは視聴率が低迷するようなのですが、ドラマ好きなファンからは「視聴率が低いものほど面白い」ともいわれているようです。

視聴率はあくまでも目安くらいに考えてもいいかもしれません!

 

ドラマの視聴率最近の合格ラインはどのくらいで何パーセント?

ここまで、ドラマの視聴率がどのくらいで高いといわれているかについて解説させていただきました!

では、最近のドラマ視聴率の合格ラインは何パーセントなのでしょうか?

これについて調べたところ、「10パーセントを切るか」というのが1つの目安になっているようです。

ですが、「10パーセント切ったから打ち切り」というわけでもなく、打ち切られるドラマの視聴率はだいたい6パーセントを下回っているものばかりでした!

りみ

昔好きだったドラマで「神の雫」っていうドラマがあって、亀梨和也さんが出てるワインソムリエを題材にしたドラマあってすごい好きだったの。

でも打ち切りになっちゃって、確かに視聴率6パーセントくらいって聞いた気がする…。

あや

打ち切りになるのってほんと嫌だよね、しょうがないんだけどさ。

これから見るドラマで好きになったのがあったら、6パーセントを下回らないことを願うしかないね!

それではここで、視聴率が原因で惜しくも打ち切りになってしまったドラマをいくつか一覧で紹介していきます!

 

視聴率が原因で打ち切りになったドラマ一覧

視聴率が原因で打ち切りになったドラマを放送日の新しい順にいくつか紹介していきます!

あなたが見ていたドラマはありますか?

  • セシルのもくろみ(2017年7月期、4.5パーセント)
  • 戦う!書店ガール(2015年4月期、4.7パーセント)
  • 夫のカノジョ(2013年10月期、3.8パーセント)
  • 家族のうた(2012年4月期、3.9パーセント)
  • 神の雫(2009年1月期、6.1パーセント)
  • 鉄板少女アカネ(2006年10月、8.7パーセント)
  • レガッタ(2006年7月、5.5パーセント)
  • 下北サンデーズ(2006年7月、7.3パーセント)
  • ひと夏のパパへ(2003年7月、5.6パーセント)

ほとんどのドラマの視聴率が6パーセントを下回っていることが分かりますね。

この辺りが打ち切りのラインになっているのでしょう!

りみ

やっぱり神の雫って視聴率6パーセント台だったんだ…。

まあ、視聴率低いドラマは丁寧で繊細なものが多いって話だったから、私の見る目があるってことだよねきっと!

あや

んー、すごくいいように解釈してる気がするのは私だけかな?(笑)

それにしても、この一覧を見て思いましたがここ数年は打ち切りになっているドラマがないですね!

理由として考えられるのは、テレビ全体の視聴率が悪くなっていることから、多少悪くても打ち切りにせず続けているということではないでしょうか。

 

まとめ

ドラマの視聴率がどのくらいが高いといわれているかについて解説してきましたが、その内容はいかがだったでしょうか?

最近のドラマ視聴率の合格ラインが何パーセントかについても併せて紹介させていただきました。

みーたん

視聴率について分からなかったことが知れてよかった!

あや

合格ラインが何パーセントになっているかは興味あったから理解できて為になったな♪

さっそく今見てるドラマが何パーセントか調べてみよっと!

あなたの周りで「最近のドラマの視聴率ってどのくらいが高いっていわれるか知りたい」なんて思っている方がいましたら、ぜひこの記事を見せてあげてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です