フェイスシールドが曇る原因と対策!曇り止め加工やスプレーの効果とおすすめを紹介!

フェイスシールドが曇る対策!曇り止め加工とスプレーの効果とおすすめは?
Pocket

新たな生活様式の流れも定着しはじめていますが、仕事上の感染対策として、最近ではフェイスシールドを着用する方も増えてきています。

ヘアスタイルなどを気にする必要がある俳優の方々や、目への飛沫も防がなければならない医療従事者の方々が着用しているのを、見たことがある方もいますよね?

そしてこれからは観劇やライブ鑑賞でも、フェイスシールドが配られることになるでしょう。

しかし、フェイスシールドの問題は曇ること!

フェイスシールドが曇るという事で、曇り止め加工や曇り止めスプレーなど対策がされているようですが、効果はどうなんでしょうか?

いざ観劇やライブ鑑賞に行った先で、曇っていて見にくかった…なんて言うことも避けたいですよね。

ここでは曇る原因と対策や、おすすめの曇り止め加工のフェイスシールド、曇り止めスプレーおすすめ商品の効果についても紹介していきます。

 

フェイスシールドが曇る原因と対策は?

飛沫を他の方へ飛ばさない、直接浴びることを防ぐことにより、飛沫感染対策として一定の効果があると言われているフェイスシールド。

マスクとゴーグルなどでもいいのでしょうが、フェイスシールドがひとつあれば、飛沫を飛ばすこと・浴びることはある程度は防ぐことができます。

テレビの情報番組などでも、顎につけるタイプや、サンバイザーの様にして頭に固定するタイプ等、様々なものがあります。

医療従事者の方も、多くの方がマスクと併用して着用していて、密になりやすい授業や講義などの場でも使用されていますね。

しかし、現在は梅雨真っただ中で湿度も高く、フェイスシールドが曇って困っている方が多いようです。

このフェイスシールドが曇ってしまう原因は、主に気温・湿度が高い時に、自分の呼吸や熱気がフェイスシールド内に留まり、逃げ場が無くなってしまうためです。

では、「フェイスシールドに湿度がこもらないようにする」ということが一番の対策になるのですが、どのようにすればよいのでしょうか?

SNSで見かけた対策方法をいくつか紹介します。

  • フェイスシールドに小さな穴を開ける。
  • 曇り止め加工のフェイスシールドを使う。
  • 曇り止めを塗る。
  • 小型のハンディ扇風機を併用する。
みーたん
「穴を開ける」って言うのは、フェイスシールドのスポンジ部分とか、こめかみ部分に開けて、湿気を逃がすのが目的。

フェイスシールドのタイプとか、仕事内容や着用目的によって危険がないように工夫しているみたいだね。

ももち
ライブ鑑賞なんかだと涼しいし湿度が逃げるから、扇風機を使うって人もいるみたい。

これは飛沫も飛びそうだから、屋外作業とかマスクも併用している人、密じゃない環境の人にはいいかも。

みなさん、色々な手を使って曇らない様に気を付けていらっしゃいますね。

しかし出来る事なら、一瞬でも曇ってほしくない!と思うのが、本来の願いです。

そんな方におすすめのフェイスシールドを調べてみましたよ♪

 

フェイスシールドの曇り止め加工の効果は?

フェイスシールドにはさまざまな形状やタイプがありますが、最近ではフェイスシールドに直接、曇り止め加工が施されている商品もたくさんあるようです。

マスクとの併用が必須の方、職業柄や使用する環境によっては、穴を開けたり扇風機を使うことが難しい方も多いと思います。

そのような場合にはフェイスシールドに曇り止め加工が施されているものがあれば、少しでも曇りを防ぐことができますよね。

ではSNSなどでもおすすめしている方が多い、曇り止め加工のフェイスシールドを、タイプ別に紹介しましょう。

 

曇り止め加工済みのおすすめ商品

曇り止め加工が施されているフェイスシールドで、おすすめ商品をご紹介していきます!

更に快適に使用できるように工夫された部分も紹介していきます。

 

①メガネ型フェイスシールド

めがねフレームと一体化されたフェイスシールドです。

顔に跡が付きにくく、メガネフレームの上からも湿度が逃げるので、構造的にも曇りにくくなっています。

曇り止め加工もしっかりついていますので、通気性と防曇しようと言えますね!

 

②フェイスシールド 簡易ゴムタイプ

ゴムで止めるタイプなので、ずれたり外れる心配が少なく、ハードに動く方にはおすすめのフェイスシールドです。

ゴムが伸び縮みするので、サイズなどにもとらわれることもなく、上下が空いているので通気性も高い商品です。

メガネ型だと、普段からメガネで生活している方には、抵抗がある場合がありますので、こちらのゴムタイプで花あて部分の不快感を軽減できるでしょう。

 

 

③子供用フェイスシールド

頭の小さなお子様でも、しっかりと頭に装着できるゴムバンドタイプの軽量フェイスシールドです。

カラーバリエーションがあるので、兄弟間で間違えたりする事無く使えますね♪

勿論、曇り止めの加工もされています。

 

 

おすすめはメガネ型フェイスシールド

顔全体を覆うフェイスシールドで、通気性を保ちつつ感染症予防・飛沫防止にもなってくれるのは、やはりメガネ型のフェイスシールドではないでしょうか。

曇りを防止加工の機能だけではなく、額部分が密閉されない構造の為、通気性の高いメガネ型フェイスシールドがおすすめです。

フレームの着脱も簡単で、消毒などもしやすくなっていますし、ノーズフィットで支えられるので安定感もあります。

メガネのフレームから湿度を逃がすので、マスクを併用しても曇りにくくなっています。

なっし
見た目も一般的なものと比べるとスタイリッシュですね!

 

フェイスシールドの曇り止めスプレーの効果とおすすめ商品は?

フェイスシールドの曇り防止には、はじめから曇り止め加工が施されていないものでも、曇り止めスプレーなどを使うことで、曇りがかなり軽減されます。

曇り止めスプレーなどは、メガネやバイクなどのヘルメットなどにも使えるので、梅雨の時期などは携帯しておくと便利です。

おすすめは【LAVEN(ラベン)くもり止めスプレー】です。

  • くもり止めスプレータイプ100mL
  • メーカー価格 ¥1,210(税込)

バイクのヘルメット用に作られている商品で、曇りを抑えて視界をクリアにする効果があります。

携帯用に小さく作られているので、気になったらいつでも散布し直すことができます。

 

実際に使った人の口コミは?

【LAVEN(ラベン)くもり止めスプレー】を実際に使用した方の口コミを紹介しましょう。

なかなか良かったけど、濡れてしまうと効果が落ちてしまうので注意!
容量が少なくなってくると効果が薄れる気がする…
スプレータイプで、むらなくサッと塗れるのがいい♪
いつでも塗りなおせるように携帯しておくのがおすすめ!
マスクをしてしまうと曇ることもあるけど、無いと困る!
みーたん
フェイスシールドのタイプによってはマスクの併用で曇ってしまう場合もあるのかな。
なっし
手軽にスプレーできるから、時間を決めてスプレーし直したりするといいかもね。

 

まとめ

医療現場などさまざまなシーンで活用が期待されているフェイスシールドですが、おすすめの曇り止め加工や曇り止めスプレーの効果、曇り対策はいかがでいしたか?

フェイスシールドの曇るのは湿気なので、通気性を重視することが、曇り対策としては効果があります。

特にこれからは気温も高くなってくるので、湿度もこもりやすく、フェイスシールドが曇る!という方が増えてくると思います。

ライブ鑑賞などでも、感染対策を考えると、これからはフェイスシールドの活用が必須です。

できる限り、曇り止め加工のフェイスシールドや、曇り止めスプレーなどを使用して、クリアな視界で楽しみたいですね!

まだどのフェイスシールドを買おうか迷っている方は、ぜひこのおすすめ商品を参考にしてみて下さい。