半沢直樹2に歌舞伎役者が多い理由はなぜ?顔芸一番ヤバイのは誰?

半沢直樹2に歌舞伎役者が多い理由はなぜ?顔芸一番ヤバイのは誰?
Pocket

話題のドラマ『半沢直樹2』はSNSでの実況視聴者も多く、リアルタイムで見る方がなかり多いようで、視聴率が跳ね上がっていますね!

今回の『半沢直樹2』のキャストを見て、歌舞伎役者の方が多いな、と思いましたよね?

前シリーズの『半沢直樹』でも、歌舞伎役者の方が多くキャスティングされていました。

『半沢直樹』シリーズは、なぜ歌舞伎役者の方が多いのか、何か理由はあるのでしょうか。

そして実況SNSでも一番ヤバイと言われているのが、歌舞伎役者の方々の顔芸です!

顔芸と言うのも失礼なのかもしれませんが、表情での演技がヤバイ!と話題です。

今回は『半沢直樹2』に出演している歌舞伎役者は誰で、なぜ歌舞伎役者の方が多いのか、多くキャスティングされている理由はあるのかを調べてみました。

興味本位ですが、それぞれの一番ヤバイと言う顔芸を集めて比較してみました。

 

半沢直樹2に歌舞伎役者が多い理由はなぜ?

『半沢直樹2』は、豪華なキャストが勢ぞろいしていて、現在出演しているレギュラーキャストだけでなく、ゲスト出演にも続々と豪華キャストが発表されています。

『半沢直樹』と言えば、前シリーズと現在放送中のシリーズ通して、歌舞伎役者の方の出演が多いことでも知られています。

他のドラマに比べても、歌舞伎役者の方が複数出演しているドラマは、大河ドラマ以外であまり見かけることはありませんよね?

現在放送している『半沢直樹2』で、既に出演している歌舞伎役者は4人です。

  • 香川照之:大和田暁(おおわだ あきら)
  • 市川猿之助:伊佐山泰二(いさやま たいじ)
  • 片岡愛之助:黒崎駿一(くろさき しゅんいち)
  • 尾上松也:瀬名洋介(せな ようすけ)
みーたん
どうして『半沢直樹』シリーズでは歌舞伎役者の方がたくさん出ているんだろう?

どうやら『半沢直樹』に歌舞伎役者の方が多く出演していることには、理由があるようです。

歌舞伎俳優が起用されているのは、堺さんの演技に対抗するためでもあるそうです。

前作で香川さんの見せた土下座は、“伝説”と言われるほどドラマの痛快さを盛り立てました。

また、片岡さんの女性的な話し方をするキャラも大ウケ。

歌舞伎には男性が女形を演じる慣しがあるので、説得力を出すために片岡さんをオファーしたそうです。

出典:歌舞伎俳優が続々起用される訳(女性自身) – Yahoo!ニュース

これによると、堺雅人さんの表情の演技に対抗するために、表情豊かな歌舞伎役者の方が多く起用されているようですね。

確かに堺雅人さんは、『半沢直樹』シリーズ以外の他のドラマでも、コロコロ変わる表情がとても魅力的な方です。

今回の『半沢直樹』の表情を見てみても、堺雅人さんの演技の凄さは一目瞭然です。


なっし
家にいるときの半沢直樹の表情は、穏やかで柔らかい顔で、少し頼りないくらい。

仕事とは全く違った表情だよね。

ももち
親友の渡真利にさえもこの表情、すでに鬼気迫っている感じがするね。

なっし
大和田役の香川照之さんと比べても、どっちがヤバいのか分からない(笑)

どっちもかなりど濃い!

堺雅人さんの表情の演技に対抗するためには、同じく表情豊かな方をぶつけるしかない、という事で歌舞伎役者の方が多く配役されているようですが、比較してみるとなんだか納得です!

歌舞伎役者の方以外の他の『半沢直樹』キャストの方々も、みなさん表情豊かで、顔だけの演技でも個性的で素晴らしい方々がたくさん出演しています。

これからは、堺雅人さんや他のキャストの表情にも注目して見てみるのも、面白いと思いますよ♪

 

半沢直樹2のに歌舞伎役者で顔芸一番ヤバイのは誰?

では、今回あまりにも多くの話題になっている『半沢直樹2』の、歌舞伎役者の方々の顔芸に注目して見ましょう。

歌舞伎役者の方は、全員が男性であるにも関わらず、歌舞伎の舞台では女性役を演じる「女形」の方もいます。

そして歌舞伎役者の方が使う独特の表情、「見得を切る」ことができるなど、確かに顔の表情は豊かですね。

今回の『半沢直樹2』では、SNSでも多くの方が歌舞伎役者の方の顔芸がスゴイ!と盛り上がっていますが、一番ヤバイのは誰なのか気になりませんか?

『半沢直樹2』の歌舞伎役者の方の、素晴らしい顔芸を見比べてみましょう!

 

香川照之

香川照之さんの演じる大和田は、前シリーズから毎回必ずと言っていいほど、顔芸が印象に残ってしまいますよね。

今回の『半沢直樹2』でも、さらに顔芸がパワーアップしています。

毎回ところか、香川照之さんが出てくるシーンのほとんどが顔芸なのでは?と言うくらい、衝撃的なシーンがたくさんあります。

第1話ではラストのスマホの取り戻し方が話題になりましたよね(笑)

香川照之さんの出演シーンが少ないと、少し寂しい気持ちになってしまうファンも多いはずです。

 

市川猿之助


『半沢直樹2』では、現在はいちばん出演シーンが多い歌舞伎役者の方と言えば、伊佐山を演じている市川猿之助さんです。

香川照之さんとはいとこ同士ということもあり、少し顔も似ていますが、顔芸も負けず劣らずの迫力です。

前シリーズには参加していなかったので、市川猿之助さんの顔芸は新鮮に感じますね。

伊佐山が最終的に、大和田のように悔しさにゆがんだ顔芸を見せてくれることを期待しています。

 

片岡愛之助

黒崎を演じる片岡愛之助さんは、『半沢直樹2』の第2話から登場しました。

前シリーズからの出演で、オネエ口調の国税局査察部統括官として、顔芸以外にも全体的に濃厚なキャラクター。

顔芸以外にも注目していた方が多いと思いますが、さすがは歌舞伎役者と言わんばかりの、素晴らしい顔芸です!

オネエ口調もあって少し色っぽい顔芸も見せてくれますよ♪

 

尾上松也

『半沢直樹2』から登場、現在では歌舞伎役者の方の中でも唯一、半沢側の瀬名を演じる尾上松也さん。

半沢のライバルとも言える他の歌舞伎役者の方々と違って、IT企業の社長という事で、顔芸などはないのかな?と思っていましたが、やはり『半沢直樹』シリーズです。

瀬名が精神的に不安定な時に見せる、他人への攻撃的な顔はさすがの顔芸でしたね。

ちょっと目がヤバいんじゃない?とSNSでも話題になっていました。

なっし
一番ヤバイ人を決めるのは難しいよ~。

みんなヤバイ!(笑)でもこれが『半沢直樹』だよね!

 

まとめ

『半沢直樹2』は日曜21:00から放送していますが、明日から仕事の方が多いはずなのに、なぜリアルタイムで視聴している方が多いのか、何か理由があるのでしょうか?

推測ですが、『半沢直樹2』は明日からの仕事への「活力」になっているのではと思います。

単純に『半沢直樹2』に出演している歌舞伎役者の方々の顔芸が面白いから、ということもありますが、半沢のあきらめない姿に、多くの人が共感しているのはないでしょうか。

『半沢直樹2』のキャストで、歌舞伎役者が多いのはなぜなのか、という理由も他の誰でもない、主演の堺雅人さん自身。

堺雅人さん演じる半沢の顔芸はもちろん、キャストの方々の顔芸が多ければ多いほど、みんなの仕事への活力に繋がっているような気がしました。

歌舞伎役者の中で一番ヤバイ顔芸は誰なのか…と考えた時に、一番ヤバイ顔芸は堺雅人さんなんじゃないか?と思った人も多いはずです。

また次週の『半沢直樹2』の顔芸が楽しみですね♪