漂着者ロケ地は新潟のどこ?しあわせの鐘の家や病院の場所も調査!

漂着者ロケ地は新潟のどこ?しあわせの鐘の家や病院の場所も調査!
Pocket

現在テレビ朝日系列で放送中のドラマ「漂着者」が話題を呼んでいますね♪

あの秋元康さんが手掛けているとあって、ちりばめられた謎や先の読めないストーリーなど、毎週続きが気になって仕方ありません!

舞台は新潟という設定ですが、しあわせの鐘の家やヘミングウェイが入院した病院の場所など、実際のロケ地はどこなのでしょうか?

ヘミングウェイを引き取ったしあわせの鐘の家ではみんなが白い服でニコニコ笑っているなど怪しさがリアルで、本当にこんな場所があるのかな?と思ってしまうくらいでした。

ヘミングウェイが落下するという衝撃の展開になった病院も、このシーンを撮影するのにぴったりの場所だったので、ここを探したスタッフはすごいなと思いましたよね!

この記事では気になるロケ地がどこなのか調査し、なぜ「漂着者」が新潟を舞台に選んだのかについても考察していきたいと思います!

 

漂着者の海岸のロケ地は新潟のどこ?

「漂着者」の第一話冒頭で、斎藤工さん演じるヘミングウェイが倒れていた海岸は新潟県新潟市西浦区の浦野海岸と言われていました。

ですが、実際には新潟県に浦野海岸という場所はありません。

ドラマの中だけでの架空の地名だったんですね!

では実際ドラマに出てきた場所はどこにあるのかと言うと、神奈川県三浦市の「黒崎の鼻」と呼ばれる場所です。

静かに富士山と夕日を眺めることができる海岸で、キャベツ畑の横を通り抜けて進んだ先にあるので、あまり知られてない穴場スポットなんですよ!

駐車場がありませんので、現地に行く際には徒歩や自転車などで行くとよいでしょう♪

  • 名前:黒崎の鼻
  • 住所:神奈川県三浦市初声町下宮田
  • 最寄り駅:京急線の三崎口駅から徒歩で約30分

駅から歩くと結構遠く感じますが、散歩やハイキングにはちょうどいいコースですよね♪

こんなところを通ってもいいのかな?と思うような舗装されていない山道を抜けて、少し汗ばんできたところで辿り着いた景色は格別ですよ!

ここにヘミングウェイが流れ着いたという説得力のある美しい手つかずの自然ですので、環境を保つためにもゴミは持ち帰るなどマナーを守って訪れたいですね♪

 

漂着者ロケ地はほとんど関東圏!

「漂着者」の舞台は新潟とされており、出てくる施設も「新潟北陸新聞社」「新潟県警察本部」「新潟医療大学病院」と新潟と名前のつくところばかりです。

でも、実際のロケ地はほとんどが関東に集中しているんですね。

ドラマの撮影において、キャストやスタッフが行きやすい東京近郊が選ばれることはよくあることです。

ドラマの撮影は大勢のスタッフが必要ですし、移動に時間やお金がかかってしまうと支障をきたしますよね。

また、新潟県内にドラマのシーンに合う場所が見つかるとは限りません。

どうしても代用できない風景や街並みなどを除き、大抵は東京近郊でロケ地を選ぶのが通常ですので、今回もロケ地は新潟ではなく関東周辺からピックアップされたのでしょう。

 

どうして舞台は新潟なの?

ロケ地が関東なら、わざわざ遠くの新潟を選ばずに最初から関東を舞台にすればいいじゃないかと思う方もいますよね。

ドラマの中で新潟が舞台に選ばれた理由としては、ヘミングウェイがロシアから泳いできたと言われていることが考えられます。

後宮教授がエレベーターの中でヘミングウェイを見て驚き、ロシア語で「着いたのか」とつぶやいたことや、第三話で亡くなった後宮教授の部屋にロシア人と思われる人物が教授の研究を引き取りに来たと言っていることから、ロシアが関係していることは間違いありません。

ロシアから海流にのって流れ着くとなると、日本海側の北側がちょうど適していたんですね!

日本海沿岸は様々な漂着物が流れ着きますが、その中にロシアからの漂着物も混ざっているので、人が漂着することもあり得るのかもしれません。

 

漂着者ロケ地しあわせの鐘の家や病院のロケ場所も調査!

正体不明のヘミングウェイの身元引受人になったのが、野間口徹さんが演じるローゼン岸本です。

全身白のコーディネートで常に穏やかな表情を顔に貼り付けて、両手を胸の前で重ねるポーズをするなど、見るからに怪しさ満点の風貌ですよね!

そのローゼン岸本が主宰するNPO団体がしあわせの鐘の家です。

生活に困った人を助けるというのがこの団体の目的ですが、ドラマの中でこの白い家にいる人々は全員白い衣装で常に笑顔で、やはり何らかの宗教団体のようにもみえますよね…。

これからドラマが進めばどんな秘密が隠されているのか明らかになっていくと思いますので、楽しみですね♪

海を見下ろす丘の上に立つ白い建物なんて、このドラマにおあつらえ向きの絶好のロケーションで、この為に建てられたのかと思ってしまったくらいでした!

実はこの場所は「スタジオ・リーフATAMI」という撮影スタジオだったんです。

イングリッシュガーデンやサンルームなど、雰囲気抜群の素敵なスタジオですね♪

  • 名前:スタジオ・リーフATAMI
  • 住所:静岡県熱海市泉元宮 上分410−44
  • 最寄り駅:熱海駅から車で約10分

 

ヘミングウェイの入院していた病院はどこ?

海岸に漂着した謎の全裸の男が運ばれたのは、新潟医療大学病院という架空の病院です。

この病院として撮影されたのは、東京都にあるNTT中央研修センタの宿泊棟と、ロビー部分は埼玉県の日本工業大学が使われました。

それぞれのシーンに合わせて、別々の場所をひとつの建物とみなして撮影していたんですね!

ロビーの明るい開放的な雰囲気は、こういう病院あったらいいなと思いましたが、大学だったとは気づきませんでした。

ガラス張りの渡り廊下は、このドラマにうってつけの場所でしたね!

NTT中央研修センタは「アンサングシンデレラ」や「BG~身辺警護人」「泣くな研修医」など、数々のドラマの撮影が行われる有名なロケ地です♪

  • 名前:NTT中央研修センタ 宿泊棟
  • 住所:東京都調布市入間町2丁目28
  • 最寄り駅:成城学園前駅またはつつじヶ丘駅からバスで約10分

円形の長椅子が印象的な日本工業大学も、実は「あのときキスしておけば」「刑事7人」「声春っ!」などドラマのロケ地としてよく使われる場所なんです!

大学が撮影に使われるのは、建物のデザインが優れていることや、大学の知名度を向上させて親しみを持ってもらうなどの理由が考えられます。

歴史的価値のある建物も多く、緑が豊かで、「こんなキャンパスに通ってみたい!」と思いますよね♪

  • 名前:日本工業大学
  • 住所:埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4丁目1
  • 最寄り駅:東武動物公園駅から徒歩で約15分

 

遥香ちゃんが失踪したショッピングモールの場所は?

4歳の松園遥香ちゃんがお母さんと買い物に来ていた時に行方不明になり、付近で起きている女児連続殺人事件との関連が疑われましたが、無事に工事現場から発見されました。

その行方不明になったショッピングモールは、埼玉県にある「トナリエふじみ野」が撮影場所になっています。

ドラマの中では「トナリエ」となっていましたね!

2021年4月に「ソヨカふじみ野」から改名しましたが、それより前には「アウトレットモール・リズム」という名前で、日本初のアウトレットモールとしても親しまれていました♪

  • 名前:トナリエふじみ野
  • 住所:埼玉県ふじみ野市うれし野2丁目10−87
  • 最寄り駅:ふじみ野駅から徒歩で約5分

 

雲行寺のロケ地はどこ?

遥香ちゃんがいなくなったショッピングモールの近所にある雲行寺の住職・深見龍之介は、過去に女児を誘拐した前科があり、そこから刑事の柴田に疑いを持たれました。

深見龍之介を演じるリリーフランキーさんが、いかにも何かやってそうな怪しい雰囲気を醸し出していましたよね!

彼には強固なアリバイがあったので容疑者からは外れますが、アリバイが偽物という可能性もありますのでまだこれからも出てくるかもしれないですね。

深見もローゼン岸本のように穏やかな表情で、舞台となったお寺の雰囲気と相まって何を考えてるのか読み取りづらい人物でした。

このお寺は板橋区にある安養院というお寺で、鎌倉時代に作られた歴史のあるお寺です。

旧伯爵松平基則邸を移築した庫裡が立派ですよね!

ここの銅鐘は江戸時代に作られたもので、国の重要美術品に指定されているんですよ♪

  • 名前:安養院
  • 住所:東京都板橋区東新町2丁目30−23
  • 最寄り駅:上板橋駅から徒歩で約15分

 

古市琴音の屋敷はどこにある?

ヘミングウェイを先祖代々1400年も待ち続けていた古市琴音のお屋敷は、 東京都葛飾区柴又にある山本亭でした。

ここは、お茶室としても有名で、美しい日本庭園を見ながらお茶を楽しむことができますよ。

山本亭の隣には、寅さん記念館もあります。

しかしドラマ内でCGとはいえ、象を飼っているという演出には驚きましたよね…

その上、ドラマの設定上も東京在住ということで、新潟からヘミングウェイは歩いてきたのか?と謎でした。苦笑

  • 名前:山本亭
  • 住所: 東京都葛飾区柴又7丁目19−32
  • 最寄り駅:柴又駅(京成金町線)から徒歩6分

外観や、庭園などはこの山本亭なのですが、柴田さんや野間さんがロシア人の工作員と対戦していたのは、別の建物になります。

それが、埼玉県入間市にある旧石川組製糸西洋館です。

ドラマの中では、違う建物だなんてわからずに見入ってしまう緊迫したシーンでしたね。

  • 名前:旧石川組製糸西洋館
  • 住所:埼玉県入間市河原町13−13
  • 最寄り駅:入間市駅(西武池袋線)から徒歩7分

 

ローゼンが祈っていた「13人の天使の旅立ち」石版の場所は?

第5話であり、第1章の完結としてヘミングウェイの正体をローゼン岸本が「預言者様」と明かした神秘的な場所。

「13人の天使の旅立ち」と名付けられた大きな石板を、誇らしげにヘミングウェイに見せるローゼンに、何かを察したヘミングウェイが詠美を助けに向かいます。

この石に囲まれた不思議な場所は、群馬県にある石切場の跡地でした。

  • 名前:太田薮塚石切場跡
  • 住所:群馬県太田市藪塚町
  • 最寄り駅:藪塚駅(東武桐生線)から車で5分

 

総理大臣との討論会の会場はどこ?

第6話で総理官邸に招かれ、討論会を行うヘミングウェイの撮影が行われたのは、ホテル メルパルク東京さんの大会場「ZUIUN」でした。

総理は自家用ヘリを使って「しあわせの鐘の家」へ行き、緊急的にローゼンと密会していました。

恐らくこの討論会も、ローゼンからの提案だったのでは?との考察もあります。

では、ローゼンは総理の事故死 又は 橋キャップの暗殺計画も知っていたのでしょうか?

まさかローゼンも予知ができる…?

漂着者ロケ地は新潟のどこ?しあわせの鐘の家や病院の場所も調査!

引用:ホテル メルパルク東京 公式HP

この素敵な会場はウェディングの披露宴会場としても活用できるようです!

素敵なチャペルも併設しているので、ヘミ様ファンにはたまらないウェディングになりそうですね♪

  • 名前:ホテル メルパルク東京 大会場 ZUIUN
  • 住所:東京都港区芝公園2-5-20
  • 最寄り駅:都営地下鉄三田線(東急目黒線乗入)芝公園駅 A3出口から徒歩約2分


それぞれが雰囲気のある素敵なロケ地ですね!

コロナが落ち着いたら、ロケ地巡りをして漂着者の世界に浸りたいですね。

 

まとめ

「漂着者」に登場するしあわせの鐘の家や病院のロケ地が新潟のどこなのか調査してきましたが、どこもこのドラマにぴったりの場所でしたね!

真っ白な建物もしあわせの鐘の家として出てくると不気味に思えますが、実際にはフォトジェニックなとても素敵な場所でした。

病院の壮大なガラス張りの廊下は、一度この目で見てみたいなと思いました♪

新潟が舞台なので、新潟県民は街並みなど知っているところが映ると嬉しいですよね!

ヘミングウェイの婚約者という女性が登場するなど、「漂着者」の謎はますます深まるばかりですが、ロケ地を実際に訪れながら色々考察してみるのも楽しいかもしれませんよ♪