イカゲーム韓国ドラマ原作はある?似ている日本の作品も紹介!

イカゲーム【韓国ドラマ】原作はある?似ている日本の作品も紹介!
Pocket

みなさん、韓国ドラマの『イカゲーム』ってご存知ですか?

この『イカゲーム』、ツイッターなんかでは、「日本の作品に似ている」「パクリ?」などの声もあって、原作はどんなものなのか気になる方もいるかと思います。

今、Netflixで大人気の韓国ドラマですが、9月17日に配信されてから、全世界で”視聴回数1位”というとてつもない記録を更新しているんです。

そこで今回は、Netflixで大人気の韓国ドラマ『イカゲーム』について、原作があるのか、どの日本作品に似ているのかな調べてみましたよ。

 

イカゲーム【韓国ドラマ】原作はある?

Netflixで配信が開始されたのは9月17日ですが、そこから瞬く間に話題をさらっていった『イカゲーム』。

ドラマや映画だと原作となる漫画や小説があるのかと気になりますが、この『イカゲーム』はオリジナル作品なんだそうです。

Netflixオリジナルドラマなので、Netflixでしか見ることができません。

そしてタイトルの『イカゲーム』、これはもともと韓国で遊ばれている昔ながらの子供の遊びの名前です。

〇、△、□を地面に描いて陣取り合戦をする遊びで、その描いた形がイカに似ているというのが名前の由来で、ふつうに無邪気な子供の遊びなんですが、これがドラマになるとなんとも恐ろしいドラマの仕掛けになってしまいます。

ちょっとあらすじを紹介しますね。

 

イカゲームのあらすじは?

456億ウォン(約45億円)の賞金を懸けて、まさに命をかけてゲームに挑むお話です。

参加するのは、それぞれに事情がありながらも多額の借金を抱えた崖っぷちの456人。

事業に失敗した人、会社のお金を横領した人、脱北者、外国からの出稼ぎ労働者、家庭内暴力の被害者などなどそれぞれの事情を抱えて借金を負い、債権者に追われたり身を隠していたりする人々で、社会の弱者の縮図ともいうべきひとびとが集まっています。

そこで「だるまさんがころんだ」や「綱引き」、「イカゲーム」などの私たちも慣れ親しんだ昔ながらの子供の遊びが繰り広げられるんですが、これを文字通り”命がけ”でやるんです。

そして、最後まで残った勝者が賞金456億ウォンを手に入れます。

…恐ろしい。

 

イカゲーム【韓国ドラマ】似ている日本の作品も紹介!

この作品は、Netflixのオリジナル作品で、原作はないということなんですが、こういったサバイバルなデスゲームという筋書き、皆さん心当たり、ないですか?

あらすじをみて、デジャヴを感じた人もいますよね?

口コミや感想なんかを見ても、日本の映画に似てる、あのシーンを彷彿とさせるなどといった意見が散見されます。

20代 女性
だるまさんが転んだで人が死んでいくって、「神様の言うとおり」みたい
20代 女性
借金背負った人が一発逆転を狙ってゲームをするって、カイジそのものだよね。

こんな感じで、一部には「日本作品のパクリじゃないか」などと強い批判もあるのですが、当の監督自身も自らのインタビューの中で「デスゲーム」を扱った日本やアメリカのの漫画などをみてインスピレーションを得たとも言っているので、多少似通った部分は出てしまうのかもしれません。

では、実際に、どんな作品のどんな場面に似ているのか、多く名前を挙げられた『カイジシリーズ』、『神様の言うとおり』、『今際の国のアリス』を例に比較してみましょう。

それぞれどんなお話だったのか、振り返りながら見てみますね。

 

カイジシリーズ

福本伸行さんの漫画が原作で、藤原竜也さん主演の映画も大ヒットした『カイジシリーズ』。

「キンキンに冷えてやがる~!悪魔的だ~!!」のセリフがあまりにも有名ですね。

定職につかず自堕落な生活を送っていたカイジが、連帯保証人なっていた友人が夜逃げしたことで大きな借金を背負うことから始まるものがたりです。

その借金をチャラにするために、カイジは命がけのゲームに挑んでいきます。

だけれどそこは、いかさまや裏切りの横行する世界で、一筋縄ではいきません。

ビルとビルの間に渡した電流の流れる鉄骨を渡るゲームなど、見ていても手に汗握るゲームがたくさんで、ドキドキしっぱなしです!

死ぬか生きるかのゲーム、もしくはより多くの借金を背負って強制労働をさせられる環境。

ゲームの種類は違っても、大きな借金を背負って一獲千金を目指して無茶なゲームに挑むところは、『カイジシリーズ』と『イカゲーム』の大きな類似点と言えますね。

 

神様の言うとおり

こちらは別冊少年マガジンや週刊少年マガジンに連載された金城宗幸原作・藤原緋二作画の漫画が原作で、福士蒼汰さん主演で映画化されています。

ごくごく普通の高校生がある日の授業でなんと教師の頭が吹き飛び(!)、だるまが出てきてだるまさんが転んだのゲームをするといいます。

だるまが振り返った時に動いていたら死んでしまうというもので、主人公だけがクラスで生き残り、その後の理不尽なゲームに巻き込まれていきます。

子どものときに親しんだ「だるまさんが転んだ」が殺人の手立てになってしまうことが、恐ろしさと気味悪さを倍増させますが、冒頭でのこの「だるまさんが転んだ」での死のゲームはまさに『イカゲーム』の最初と一緒です。

 

ライアーゲーム

こちらは甲斐谷忍さん原作で戸田恵梨香さん主演のテレビドラマがありました。

突然送り付けられた小包みを開けてしまったばかりに、ゲームに参加せざるを得なくなってしまった女子学生ナヲ。

自分のことしか考えない利己的な行動は主宰者にマージンが発生する仕組みのゲームで、みんなが結束して行動すれば誰も大きな得もしないけれど損もしないゲームだと気づきます。

でも、そう考えて仲間を説得しますが、囚人のジレンマにより、実際には他人を信頼できるのかどうか疑心暗鬼になってしまい窮地に陥ってしまいます。

『イカゲーム』でも他者と協力して窮地をしのぐ場面もあったり、逆に仲間だと思っていた人に裏切られたりという場面はたくさんあり、窮地に陥った人間の心理を悪用するようなゲーム主宰者の目論見も似ているなと思います。

 

今際の国のアリス

週刊少年サンデーで連載された麻生羽呂さんによる漫画が原作で、山﨑賢人さん主演でドラマ化されました。

パッとしない高校生のアリスが無人と化した渋谷で、命を懸けて生き残るげぇむに立ち向かっていくストーリー。

理不尽な難題を次々に突き付けられて、それを乗り越えて生き抜いていく様子は、一つのゲームをクリアしても次のゲームが待っている『イカゲーム』と似ています。

映画が始まってわりと早くに友達が死んでしまったり、メンタルのタフさを要求されるような場面が多いのですが、アリスが命と向き合いながら成長していく姿は秀逸です。

 

まとめ

世界的に大きな話題になっているNetflixで配信されている韓国ドラマ『イカゲーム』。

このところ日本の映画やドラマでは、人気のある漫画や小説を原作として作られることが多い印象がありますが、韓国ドラマである『イカゲーム』には原作があるのでしょうか。

また、すでに視聴した方の口コミや感想からは”日本の作品に似ている”との声があがっていましたが、どんな作品に似ているのでしょう。

それらの疑問を解決するために、原作の有無や似ている日本作品があるとすれば何に似ているのかなど調べてみました。

天才的な頭脳やひらめきでゲームの裏をかいて勝利するわけではなく、ごくごく普通の登場人物たちが単純なゲームに勝つために葛藤するさまが共感を呼ぶのかもしれません。

世界中を熱狂させ、寝る時間も忘れて一気に全話見たくなるほどの面白さ、ぜひ堪能してみたいですね。