かのきれ日本版の折り畳み傘の韓国版との違いはなぜ?理由や意味と役割を調査!

かのきれ日本版の折り畳み傘の韓国版との違いはなぜ?理由や意味と役割を調査!
Pocket

韓国で大ヒットとなった、「かのきれ」こと「彼女はキレイだった」のリメイクドラマが2021年7月から日本でも始まりましたね!

もともと韓国の原作を見ていた方からしても、今回の日本版リメイクを注目している方も多いのではないでしょうか。

第一話が放送されている中で話題となったのが、日本版で登場した折り畳み傘が韓国版と違っていたことです。

ドラマの中でもかなり重要な役割をもつ小物なのですが、なぜわざわざ別のものしたのか理由や、違いの意味や役割など気になりますよね。

今回は「かのきれ日本版の折り畳み傘の韓国版との違いはなぜ?理由や意味と役割を調査!」について紹介してまいりたいと思います!

 

かのきれ日本版の折り畳み傘の韓国版との違いはなぜ?


まず、日本版の折り畳み傘はどのようなものだったのでしょうか。

第一話で宗介と愛が久しぶりの再会の後、別れ際に「嫌なものを避けられる」ものをプレゼントしました。

素敵な包み箱から出てきたものが、まさに折り畳み傘だったのです。

ここまでは韓国版と流れも一緒で、わりと忠実に再現されていたと思います。

それではどのような違いがあったのかというと、折り畳み傘のデザインが大きく違ったのです。

日本版でプレゼントされた折り畳み傘は、「花柄」のデザインのものでした。

こちらの傘とても可愛くて、登場した際にはネットでは「同じものが欲しい!」と話題になったくらいです。

それくらい素敵な傘ではあるのですが、それでは韓国版の傘はどのようなものだったのでしょうか。

 

かのきれ韓国版の折り畳み傘のデザインは?

韓国版でも、同じように再会した際に折り畳み傘をプレゼントしています。

そこでプレゼントされた折り畳み傘は、「赤色の無地」のものでした。

しかし、重要なのはそこだけではありません!

その折り畳み傘の裏側には、ルノワールの「田舎のダンス」という作品が描かれているのです。

実はふたりの過去に、宗介がアメリカに引っ越す際に愛にふたりで遊んだ大切なパズルの1ピースプレゼントしています。

このパズルに描かれていたのが、ルノワールの「田舎のダンス」だったのです!

そんな大切なパズルのデザインが描かれた折り畳み傘は、とてもデザインが大切な意味を持ってきますよね。

それくらい重要な役回りである傘のデザインを日本版では変更したには、どのような理由があるのでしょうか?

 

かのきれ日本版の折り畳み傘の韓国版との違いに理由はある?

日本版と韓国版で折り畳み傘のデザインが違うことはわかりました。

では、どのような理由で変えたのか?

筆者も気になったので調べてみたのですが、結論何故違うのかはわかりません。

韓国版を見る限りでは、やはり思い出のパズルと同じ柄の方がしっくりくるように思いますよね。

しかし、もしかすると日本版の柄には違う意味が隠されているのかもしれません。

ストーリーは韓国版を忠実に再現しており、日本版のかのきれも視聴者から高評価でした。

その中で折り畳み傘の違いについては、どのような意見があるのでしょうか。

 

かのきれを見た人の意見は?

日本版かのきれで、折り畳み傘のシーンは大きく話題になりました。

それでは、折り畳み傘の違いについて視聴者の方の意見をいくつか紹介してまいりたいと思います。

皆さんの意見を見ていると、韓国版を見ていた方からすると物足りなさを感じる方が多いです。

確かに韓国版の意味がこもっている素敵な傘を日本版でも見れたら良かったのですが、別のデザインだったという部分に寂しさは覚えますよね。

それだけパズルのエピソードがこのドラマの中で大切なシーンだったかが分かります。

逆に、これだけ傘のデザインの違いが話題になるほど他の部分が原作に忠実だということですよね!

日本版の折り畳み傘も充分に素敵なデザインなので、放送後は即売り切れたようですよ。

それではこれだけ韓国版では重要な役割を持っていた折り畳み傘ですが、日本版でも同じように意味や役割を持っているのでしょうか?

こちらに関しても調査してみました!

 

かのきれ日本版の折り畳み傘の意味と役割を調査!

意味はまだはっきりとは分かってはいませんが、韓国版のかのきれと同様に「私が傘になる」的な感じだとおもいます。

今後お話が進んでいく中で、新しい意味や役割が出てくる可能性はありますね。

ただ、日本版でも過去に愛が宗介にレインコートをかけてあげたシーンや、折り畳み傘をプレゼントした際に「嫌なものを避けられる」というワードから韓国版と同じ意味もあると考えて良さそうです。

これだけ忠実に韓国版のストーリーを再現してきたからこそ、日本版ならではの意味があるならばそれはそれで素敵です♪

 

かのきれ日本版の折り畳み傘の役割は?

役割に関しても韓国版と同様に、雨が重要なシーンで登場するので、雨の中の印象的なシーンで登場することは間違いないと思います。

総務部の愛が幼なじみの愛と同一人物だと知らない宗介が、プレゼントした傘を雨の日に使っている総務部の愛を見かけるシーンなんかは印象的でした。

日本版のかのきれを宣伝する際に傘を使った写真があるなどと、傘が大切な役割を持っていることには違いないです。

これからお話が進んでいくなかで雨のシーンがあると、折り畳み傘の出番があるのではないかとドキドキして楽しみになりますよね。

今後情報が出次第、改めて更新してまいりたいと思います!

 

まとめ

「かのきれ日本版の折り畳み傘の韓国版との違いはなぜ?理由や意味と役割を調査!」について紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

かのきれ日本版はスタートから韓国版と忠実な部分が多いことから評価が高いですよね。

その分折り畳み傘の日本版と韓国版の違いには、なぜなのか理由や意味がとても気になりました。

折り畳み傘がドラマ内で大切な役割をもっていることも分かり、今後の展開がさらに楽しみです!

最終話まで見逃せないこと間違い無いので、今後のかのきれの放送を楽しみにしましょう♪