鬼滅の刃最終回で実弥と義勇は痣で死亡した?他のキャラのその後を考察!

鬼滅の刃最終回で 実弥と義勇は 痣で死亡した? 他のキャラの その後を考察!
Pocket

終わってしまいました・・・。

友人が、『〇〇ロス。』と言っているのをいつもバカにしていましたが、今なら友人の気持ちがわかります。

現在、完璧に、『鬼滅の刃ロス。』に陥っています。

みなさんもご存知の通り、『鬼滅の刃』は、2016年2月15日から、『週刊少年ジャンプ』で連載スタートした、「吾峠呼世晴先生」による漫画です。

大正時代を舞台に、鬼に突然家族を殺害された少年「竈門炭治郎」が、たった一人の生き残りで、鬼となった妹「禰豆子」を人間に戻す方法を探すため!殺された身内の仇を討つため!、鬼を狩る『鬼殺隊』へ入隊し、戦うストーリー。

人と鬼の心締めつけられるストーリーや鬼気迫る戦い、途中途中に挟まれるコミカルシーンもあいまって、大人気に。

さらには、2019年4月から6ヶ月間にわたり放送されたアニメも大ヒットしました。

アニメ放送終了後も人気が止まることを知らず、単行本1巻~20巻の累計発行部数は6000万部を突破し、社会現象を起こしている作品です。

そんな、大人気の漫画が、2020年5月18日、『週刊少年ジャンプ2020年24号』にて残念ながら最終話を迎えました。

痣の意味を知りながら戦う、実弥さんと義勇さんがかっこよかったですし、死亡してしまった人の中にも、推しがいました。

その後、どうなったのだろうと気になる人もいます。

今回は、『鬼滅の刃』の最終回での、その後のことや、痣のこと、実弥さんや義勇さん、死亡した人たちのことを紹介していきます。

 

実弥と義勇は痣で死亡したの?

この漫画で言われる『痣』とは、鬼舞辻無惨を寸前まで追い詰めた剣士たち全員に発現していたと言われる『痣』のことを指します。

その発現している痣の形は、『鬼の紋様』によく似ていたと半天狗は言っていますが、痣の形は発現した人によって、それぞれ異なっています。

例えば、「富岡義勇」さんは、上弦の参・アカザとの戦いで痣を発現させています。

「不死川実弥」さんは、上弦の壱・黒死牟との戦い中に痣を発現さています。

その『痣』について柱合会議が開かれた時、無一郎さんが気付いた発現条件は、

  • 体温は39℃以上、心拍数は200以上にもなる
  • それを維持していると痣を発現

であると話しました。

そして、痣の発現している者は、「25歳になる前に死ぬ」ということを伝えました。

痣ができると覚醒のような状態となり、能力が高くなるので戦うには必要なことかもしれませんが、良いことばかりではなく、25歳まで生きていられないという怖さを持っています。

ゆえに、実弥さんと義勇さんは痣で死亡したのかという疑問が残るのですが、最終回では、実弥さんと義勇さんが『痣』で死亡したといったように描かれているシーンはありません。

今も、どうだったのかと考察してしまいますが、もしかすると読んだ一人ひとりが思うようにその後を描けるように、あえて書かずにいてくれているのかもしれませんね。

 

鬼滅の刃最終回で他の生き残ったキャラクターはどうなった?

『204話』では、戦いを終え、平和を取り戻し、日常がやっと戻ってきました。

そして、歳月を経て、舞台は現代へうつります。

漫画の中で出てくる、「善逸がひいおじいちゃん」というところから推測するに、60〜80年後ぐらいが描かれているのではないかと思います。

鬼殺隊の戦いのおかげで、鬼のいない世界に戻り、平和を取り戻せた日本は発展していき、寿命を迎える人も多くなりました。

鬼殺隊員たちのその後と言えば、「鱗滝左近次」さんは終戦の半年後に逝去し、「煉獄槇寿郎」さんも終戦の3年後に逝去します。

「宇髄天元」さんは、死の直前に、弟さんからの謝罪で和解することが叶い、終戦から数えると25年後に逝去します。

「不死川実弥」さんは、生前は奥さんと暮らしていましたが、終戦の5年後に逝去しました。

「富岡義勇」さんは、終戦後に「鱗滝」さんと暮らしていましたが、鱗滝さんの死後4年後に逝去しています。

「伊之助」さんは、炭治郎家を出て、蝶屋敷に住んだ後に、「アオイ」さんと結婚して幸せな生活を送り、終戦の37年後に逝去しました。

「善逸」さんは、情熱的に求婚し、禰豆子さんとの結婚が叶いましたが、子宝には恵まれなったようで、終戦の29年後に逝去し、奥さんとなった「禰豆子」さんも終戦の55年後に逝去しています。

「炭治郎」さんは「カナヲ」さんと結婚し、二人の子どもをもうけ幸せに暮らしますが、終戦の9年後、二人は共に逝去します。

「愈史郎」さんは、炭治郎さんへの感謝の気持ちを抱えながら、「茶々丸」さんと太陽に焼かれて亡くなってしまいます。

 

現代に生まれ変わった人物一覧

生き残った人の中には子孫を残し、「竈門炭彦・カナタ」や「我妻善照・燈子」、体操日本金メダルに輝いた「宇髄天馬」、「煉獄桃寿郎」、「嘴平青葉」、「冨岡義一」が生命のバトンを受け取っています。

そして、死亡してしまった人たちは、生まれ変わり、平和な現代を生きているかのように読み取れますね。

例を挙げると以下のような人たちです。

  • 嘴平と言う名前の青い彼岸花の研究を失敗している男性植物学者
  • 時透兄弟を思わせる双子の赤ん坊
  • しのぶさんとカナエさんの顔に似ている女子学生
  • 後頭部の下の方を刈り上げている幼稚園の先生
  • どう見ても伊黒さんと甘露寺さんのようなご夫婦
  • 桑島さんと鱗滝さんだと思わせる将棋を打つ老人
  • 日本最高齢記録を更新した産屋敷さん
  • 蝶屋敷で看病していた3人組に似たヘアスタイルの小学生
  • 顔の傷が不死川兄弟と同じ警察官たち
  • 《珠代》という女性だけを描き続ける、山本愈史郎という画家
  • 村田さんの雰囲気に似た教師

特に気になって仕方ないのが、「我妻善逸」さんの子孫と思われる「善照」くんが読んでいる「ひいおじいちゃんの小説」なのですが、鬼殺隊と鬼舞辻無惨率いる鬼との戦いを書き残したということでしょうか。

善照くんが言った、「平和のために鬼と戦って、命を落とした人たちは、絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ。」この言葉が最終回を書いた意味なのではないかと目頭が熱くなります。

なっし
みんな、それぞれに幸せになれて、本当に良かった・・・。

 

まとめ

賛否両論を巻き起こした、『鬼滅の刃』最終回でしたが、『痣』のことや、実弥さんと義勇さん、その他、死亡した人たちのその後を調べていく中で、もしかすると吾峠呼世晴先生は、最終回で、実弥さんや義勇さんのように生き残った人も死亡した人も、痣も関係なく、その後の世界で一人一人を幸せにしてあげたかったのではないかと思い、目頭が熱くなっています。

そんな想いが溢れ、今回は文章多めでお届けしました。

本当、みんな幸せになれてよかった!!

そして、5月13日に発売されるやいなや、『鬼滅の刃』20巻特装版が多くのお店で売切になっているそうです。

20・21巻の特装版は品切れ後も重版予定とのことですが、22・23巻の同梱版は『予約限定生産』なので、絶対手に入れたい方は、2020年6月18日の締切日までに予約しないといけませんので気をつけてくださいね!

これからも、「人煉獄杏寿郎」さんを主人公にしたスピンオフ作品「煉獄外伝」が掲載される予定だったり、10月に劇場版「『鬼滅の刃』無限列車編」の公開も控えています。

他にも、単行本やアニメBD・DVDの発売、モバイル「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」、プレイステーション4「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」などのゲーム展開も決まっているそうです。

原作が終わったのは、正直寂しいですが、これらを次は楽しんで、ロスを埋めていきましょう!!