君の膵臓を食べたいのタイトルが気持ち悪い?意味や英語の題名も紹介!

君の膵臓を食べたいのタイトルが気持ち悪い?意味や英語の題名も紹介!
Pocket

小説が大ヒットし、アニメ化や実写映画化もされ、根強いファンを持つ「キミスイ」こと「君の膵臓を食べたい」。

タイトルのインパクトが凄まじく、発売当初は戸惑う人が続出しました。

ぷる
気持ち悪いタイトル・・・どういう意味?ホラーなの?

このタイトルにはいろんな意味があるのですが、英語の場合はどんな題名になっているかも気になりますよね。

「君の膵臓を食べたいのタイトルが気持ち悪い?意味や英語の題名も紹介!」と題してその内容を深堀りしていきましょう!

ぜひ最後までお付き合いくださいね!

 

君の膵臓を食べたいのタイトルが気持ち悪い?

発売され瞬く間に話題となったこの作品ですが、その背景には「君の膵臓を食べたい」というこの気持ち悪いタイトルが少なからず作用しているように思えます。

思わずドキっとしてしまいますし、ホラーが苦手な方はきっと積極的にみたいとは思えないタイトルですよね。

しかし、キャッチコピーは「ラスト、きっとこのタイトルに涙する」となっているんです。

思わずキャッチコピーをつくった人の間違いなんじゃないかと思ってしまうくらい、ますます内容が想像できず、気付けばどんな作品なのか気になってしょうがなくなります。

果たして「君の膵臓を食べたい」は、本当にホラーなんでしょうか?

次の段落で詳しく紹介していきましょう。

ぷる
ホラーは苦手だからやだよ~
まちゃ
膵臓を食べたい人の物語なんかみたくないね~

どういう物語なのかきちんと説明して!!

 

君の膵臓を食べたいはホラー?

結論から言うと「君の膵臓を食べたい」は、まったくホラーではありません。

かわいい女子高生と冴えないけど優しい男子高生の交流を描く、青春物語です。

しかし、普通の女子高生ではないんですよね。

この作品のヒロインである女子高生の桜良は、治る見込みのない膵臓の病気を抱えており、余命いくばくもない状態なのです。

それを周囲の人には知られないように明るく、前向きに生きている女子高生の桜良。

その桜良の秘密をひょんなことから知ってしまうのが主人公の「僕」こと同じクラスメイトの春樹。

秘密を知ってしまった春樹は、桜良の死ぬまでにやりたいことに付き合って、2人でいろんな思い出を作っていくという切ないけれどほんわかな、青春ストーリーなんです。

ホラー要素など一切みられない物語なのですが、それではなぜこのようなショッキングなタイトルが付けられることになったのでしょうか?

更に深堀りしていきましょう!

なっし
なんだ!

ホラーじゃないのね!

ももち
ホラーじゃなのにこのタイトル…

ますます内容が気になってきた!!

 

君の膵臓を食べたいのタイトルが気持ち悪いけどどういう意味なの?

「君の膵臓を食べたい」というちょっと気持ち悪いタイトルの意味、とても気になりますよね。

それは主人公春樹の視点からのタイトルの意味と、余命少ないヒロイン桜良からのタイトルの意味の2パターンがあるようです。

それぞれの視点から推察されるタイトルの意味を知ると、更に涙が止まらなくなってしまうかもしれませんよ!

さっそくみていきましょう!

 

春樹(僕)の視点からのタイトルの意味は?

まずは春樹(僕)の視点からのタイトルの意味についてみていきましょう。

春樹は内気な性格で、自分のことがあまり好きな方ではなく、桜良のように明るく前向きな性格に憧れているという描写があります。

桜良との別れが近づいている終盤の場面で

僕は君のようになりたい、君の爪の垢を煎じて飲みたい、でも僕と君にとってこんなありふれた言葉じゃ駄目だよね、君の膵臓を食べたい

出典:『君の膵臓を食べたい』

という内容のメールを桜良に送ります。

これは、2人だけの秘密の暗号のようなものであり、2人だけにしかわからない合言葉なのです。

春樹にとって桜良は無くてはならない存在になっており、そのことを桜良に伝えたくて「君の膵臓を食べたい」と言ったのだと推測されます。

ではこの「君の膵臓を食べたい」という言葉がなぜ2人にとっての合言葉なのか。

それは桜良の視点からのタイトルの意味を知ると、より理解できると思います。

なっし
2人にしかわからないひねった言い方をしているのか!

ロマンチック!

ももち
春樹くんは内気にみえてとてもロマンチストなんだね!

桜良の視点からの意味もみてみよう!

 

桜良はこの「膵臓を食べたい」という言葉を2パターンの意味合いで言っているようです。

シーンによってその意味が異なってきますので、ひとつずつみていきましょう。

まずは前半に図書館で春樹が本の整理をしていた際に、春樹に向かって唐突に桜良が「君の膵臓を食べたい」と口するシーンがあります。

この時のこの言葉の意味は

昔の人はどこか悪いところがあると他の動物のその部分を食べたんだって。
そしたら病気が治るって信じられていたらしいよ。

出典:『君の膵臓を食べたい』

と昔の言い伝えにこういうものがあるよ、と桜良が春樹に説明しているシーンがあります。

このことからもわかるように、桜良は膵臓を治してもっと生きたいという意味で「膵臓を食べたい」と言っています。

なっし
まず一つ目は単純に「もっと生きたい!」というメッセージなのね!
ももち
もう一つの意味も気になるね!

なんだろー!

そして後半にもう一度このセリフが出てくるのですが、これはすでに桜良がこの世を去ってしまってからみつかる遺書の中に書かれているものです。

私はもうとっくに君の魅力に気がついているからね。死ぬ前に、君の爪の垢でも煎じて飲みたいな。って書いてから気づいたよ。そんなありふれた言葉じゃ駄目だよね。私と君の関係は、そんなどこにでもある言葉で表わすのはもったいない。そうだね、君は嫌がるかもしれないけどさ。私はやっぱり。君の膵臓をたべたい。

出典:『君の膵臓を食べたい』

桜良もまた、春樹と同じ想いを抱いているということがわかる場面です。

お互いがお互いを認め合い、なくてはならない存在であると確信しているということがわかります。

それを伝える言葉として、ありふれた言葉ではなく、2人だけがわかる言葉を敢えて選んで伝えることで、2人は特別な存在だとお互いに示したかったのだと思います。

「君の爪の垢を煎じて飲みたい」や「君の膵臓を食べたい」というのは、お互いの中で永遠に生き続けたい。

ずっと一緒にいたいという意味が込められているのではないでしょうか。

なっし
2人だけの合言葉なんて素敵!

それだけお互いのことを大切に想っていたのね…

ももち
恋人のニュアンスの想い合うではなくて、もっと人間的な部分でお互いを求めあっている感じがたまらないよね!

 

君の膵臓を食べたいのタイトルの英語の題名も紹介!

とてもショッキングでインパクトのあるタイトル「君の膵臓を食べたい」ですが、これが英語のタイトルになると果たしてどういった言い回しになるのでしょうか。

気になりますよね。

よく英訳されるタイトルが日本版のものと全然違う言い回しになっていることもあるので、「キミスイ」もそのようになっているのでしょうか。

調べてみると、こうなっていました。

 

I Want to Eat Your Pancreas

「君の膵臓を食べたい」の英語版のタイトルは「I Want to Eat Your Pancreas」です。

日本語のタイトルがそのまま英語に訳されているだけでした。

わかりやすい言い換えなどで変更されている場合もあるようですが、「キミスイ」に関してはそのまま直訳したものが英語版になっていましたね。

わかりやすく言い換えるよりも、このままの方が英語版でもインパクトを与えることができると思うので、このままの方が良いと判断されたのではないでしょうか。

なっし
英語版にしたって、このタイトルは変えちゃダメよね!
ももち
タイトルの意味がすごく重要だもんね!

ナイス判断!

 

まとめ

「君の膵臓を食べたいのタイトルが気持ち悪い?意味や英語の題名も紹介!」と題してお送りしていきましたが、いかがだったでしょうか。

「君の膵臓を食べたい」というギョッとしてしまうタイトルには、深い意味が隠されているということがわかりましたね。

気持ち悪いと思って遠ざけてしまっている方にもぜひみていただきたい作品です。

また、インパクトたっぷりのタイトルが英語ではどういう題名になっているのかも紹介していきました。

英訳されている本も簡単な英文で訳されてるそうなので、勉強の教材としてもちょうどいいそうですよ。

日本版を頭に入れてから英語版に挑戦するのも良いかもしれませんね!