言霊荘ある視点1.5話3.5話ネタバレ感想と評判は?考察内容も紹介

言霊荘ある視点1.5話ネタバレ感想と評判は?考察内容も紹介
Pocket

新感覚ホラードラマ「言霊荘」が地上波で現在放送中です!

話題の地上波ドラマですが、本編と同じく気になってしまうのが、同時放送された「ある視点ーもう一つの言霊荘ー」ですよね。

こちらは言霊荘本編のオリジナルストーリーになっていて、1回目である1.5話、2回目の3.5話がネット配信されましたが多くの視聴者の感想、評判がちらほら見られます。

謎の多いストーリーだけあって、ネタバレや考察内容も見たいところですよね。

そこでこの記事では、言霊荘ある視点1.5話、3.5話のネタバレと感想・評判を紹介し、最後に考察内容もご紹介してきます。

 

言霊荘ある視点1.5話ネタバレ感想と評判は?

女性限定アパートレディースコート葉鳥の住人が巻き込まれる「言葉が真実になる恐怖」を描いた「言霊荘」。

ある視点はその言霊荘の住人にスポットを当てたストーリーとなっています。

1.5話の主人公は、言霊荘第1回放送の犠牲者で主人公コトハの友人「阿木紗香」ですが、彼女の視点での言霊荘はどうなっているのでしょうか。

1.5話のストーリーのネタバレを言霊荘本編のネタバレも加えながらご紹介していきます。

 

言霊荘ある視点1.5話ネタバレ

主人公の阿木紗香は作詞家であり、歌手の桐嶋漣とは歌手活動をする上でのビジネスパートナー。

しかし仕事上の関係以外にも恋仲の関係でもあったのです。

漣からは「僕と君はいつまでも一つ」と言われチャーム付きブレスレットをプレゼントされ、2人は仲睦まじい恋人であるはずでした。

歌手活動についてはなかなか売れず苦労していましたが、ある日紗香の友人コトハの言霊荘引っ越し祝いをしているときに紗香の作った曲がヒットした情報が舞い込んできます。

しかし曲がヒットしたのをきっかけに漣は「俺のおかげで認められた」と主張し、2人で作り上げたはずの歌を否定します。

紗香は漣の主張に「あなたの心を理解しているのは私しかいない」と発言しましたが、納得のいかなかった漣は「俺の前から消えろ」と突き放します。

それ以来、漣と疎遠状態となってしまった紗香はコトハのもとへ行き彼への不満を打ち明けます。

テレビの中で歌う彼を見て「知らない世界に消えてほしい…」とつぶやく紗香、しかしその瞬間漣は突然苦しみだし心筋梗塞で亡くなってしまいます。

その夜1人になった紗香でしたが、「約束したよね?」という女性の声が聞こえる幻聴に悩まされます。

「約束したよね?…約束覚えてる?」と聞く声に「覚えてない」と答えます。

するとその声は「忘れたらどうなるかわかってる?」「じゃあ思い出させてあげる」と紗香に囁きます。

紗香は実は「夢が叶うなら全てを捨てられる」と誓った約束がありましたが、紗香には何を約束したか思い出せません。

そんな謎の声の正体を探るべく、紗香はずっと聞こえてくる女性の声を録画しようとします。

しかし動画にその声は入っておらず、紗香はパニックに陥ります。

さらに何者かが這いずり回るような音やベッドに忍び寄る影、何かが自分の足を触ったような感覚など様々な異常現象が襲い、恐怖で動けなくなる紗香。

しかし紗香は意を決してベッドから布団を引きはがします。

布団を引きはがした紗香は失神寸前、大絶叫をあげ…という展開となります。

漣が死んだあとの恐怖現象が起こりだすところの展開がなんともスピーディーですよね!

聞いてる側がハラハラさせられる展開で、この後どうなってしまったのかと気になってしまいます。

 

感想と評判

言霊荘ある視点を見たネット上での反応は、やはり「怖い」や「怖いけど面白い」という感想が多い印象でした!

そのほか「実はこんな関係だったなんて…」や「裏切りがひどい」など人間関係に関しての感想も見られました。

予想以上に怖くて壮絶な人間関係に視聴者も震えたようです…。

また、ストーリーの内容以外にも、「本編とは別の視点で見られるのがいい」というオリジナルストーリーとしての良さに触れてる意見もあり、ドラマとして見ごたえがあるみたいです。

 

本編より全然怖かった…。でもハマる~!
桐嶋漣の裏切り壮絶すぎる…!
ある視点の方はさらに怖さが増しててホラー好きとしては本当に面白いな~
怖かったけど違う視点から見れるっていうのはいいな~

 

さらに今回ドラマに出演している桐嶋漣役の猪塚健太さんについても、「悪い」や「かっこいいけど悪い人!」などの声がありました。

恋人を無下に切り捨てる男を演じる猪塚健太さんに、皆さんいい意味で怖かったみたいですね♪

 

猪塚くん 悪い男の役もいいですね!
怖いけど桐嶋くんがカッコいいから何度でも見ちゃう!
桐嶋さんの最後の笑い声怖い~!

 

言霊荘ある視点1.5話の考察内容も紹介

言霊荘本編のストーリーのカギを握るであろう「ある視点」。

1.5話のネタバレをご紹介しましたが、紗香と漣の詳しい関係や紗香の身に起きた出来事など、様々な事実が発覚したり新事実が浮き彫りにされましたよね?

この明らかになった事実から言霊荘本編やある視点のストーリーに関するヒントが掴めるのでしょうか?

ここではある視点1.5話の考察内容をいくつかご紹介していきます。

 

紗香の交わした約束の意味とは?

やはり1.5話で一番気になるのが「約束したよね?」と語る謎の声ですよね。

謎の声は女性の声色で「約束したよね?」「約束覚えてる?」「忘れたらどうなるかわかってる?」「じゃあ思い出させてあげる」と語りかけます。

同時に紗香には「夢が叶うなら全てを捨てられる」と誓った約束があります。

「夢が叶うなら全てを捨てられる」とは結局具体的にどういう意味なのでしょう?

謎の声が聞こえてきたのは漣が言霊で死亡したその日の夜でした。

漣が死亡する前は紗香の作詞した曲が突然ヒットしています。

紗香の交わした約束の「夢」というのはこの「自分の曲がヒットすること」だったのではないでしょうか?

その夢が叶えられたのち、恋人だった漣が紗香から離れ、紗香は漣を捨てざるを得なくなりました。

紗香の約束の「全てを捨てられる」というのが、漣が自分のそばからいなくなったことを指すのではないでしょうか?

しかし紗香が捨てたものは漣のみで「全て」ではありません。

なので謎の声は紗香に警告として「約束したよね?」と語りかけてきたわけです。

 

紗香が聞いた謎の声は住人?

紗香の聞いた声について、結局この声の正体とはいったい何なのでしょう?

いろいろな想像ができますが、この声は言霊によるものではないかと思います。

1.5話では女性の声が聞こえる場面を明らかに現実離れした幽霊的なものとして描写しています。

布団の中にあったものを見て紗香が絶叫しているので全く別の幽霊のようなものがいたのかもしれませんが、言霊荘で取り扱っている幽霊的なものと言えば言霊以外思い当たりません。

しかし、言霊はこの作品ではアパートの住人の言葉によって引き起こされるものとして描かれています。

ということは、紗香が聞いた謎の声はアパートの住人の声かもしれませんよね?

女性の声というのがはっきりしていることから、少なくとも正体は女性だということがわかり、言霊荘は女性限定アパートなので確率は高いです。

言霊荘の住人の誰の声なのか、その人間が聞かせたのだとしたら何の目的だったのか、考察がさらに深まりますよね!

 

言霊荘ある視点3.5話ネタバレ感想と評判は?

 

言霊荘ある視点3.5話ネタバレ

 

評判と感想

 

言霊荘ある視点3.5話の考察内容も紹介

 

まとめ

言霊荘ある視点1.5話のネタバレと感想・評判、考察内容をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

本編のストーリー自体が深い内容で人物関係も濃いものとなっているので、ネタバレを見ても視聴したくなっちゃいますよね!

感想・評判どおり完成度の高いドラマだということがわかります。

言霊荘の脚本はアニメ「金田一少年の事件簿」やドラマ「華麗なる一族」をてがけた橋本裕志さんなので、ミステリー好きにはたまらなく考察しがいがある作品です。

ぜひこの記事やほかのサイトなどで考察内容を見てみてくださいね!

言霊荘ある視点1.5話はAbema TVでプレミアム限定配信をしていて、登録すれば好きな時に楽しめます。

もうすぐハロウィンとなるこの季節、背筋も凍るようなホラードラマを楽しんでみてはいかがでしょうか?