M愛すべき人がいて田中みな実のモデルは実在する?眼帯の理由や意味がやばくていらない?!

M田中みな実のモデルは実在する?眼帯の理由や意味がやばくていらない?!
Pocket

2020年4月13日より、ドラマ『M 愛すべき人がいて』が放送スタートされました。

話題となった小説のドラマ化という事で注目を浴びていますが、物語を進むに当たって、もう1つ注目を浴びている事があります。

それは、三浦翔平さん演じる「スゴ腕プロデューサーのマサの秘書役」として登場する、田中みな実さんの風貌と演技です!

田中みな実さん演じる姫野礼香(ひめのれいか)は、右目に眼帯をしており、ストーカー並みの思いを、マサに寄せている謎のある美女です。

風貌も怪しいのに、さらに演技が「怖い」とも言われていて、「その役はいらないのでは?」とも言われています。

そして、この物語の登場人物は実在の人物がモデルとなっているので、「姫野礼香のモデルは誰なのか?」「眼帯をつける理由と意味」も視聴者は気になるところです。

そこで今回は、ドラマ『M 愛すべき人がいて』で田中みな実さん演じる姫野礼香が、果たして実在する人物がモデルとなっているのか、また、眼帯をつけている理由や意味について探っていきます!

さらに、強烈なキャラクターから「いらないのではないか?」といわれている役を、ネットではどう評価されているのかも探っていきますので、宜しくお願いします!

 

『M 愛すべき人がいて』田中みな実の秘書役のモデルは実在するの?

右目に眼帯をつけている謎の美女・姫野礼香は、ドラマの中でも一際存在感があって、気になるキャラクターの1人ですよね。

しかも、なんか色々ヤバそう・・・。

その前にまずは、姫野礼香がどのような人物なのか確認しておきましょう!

姫野礼香(ひめのれいか)

レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。長年マサに思いを寄せており、彼が離婚するのを待ち望んでいる。眼帯を付ける原因となったできごとにはマサが関係しているようで、ストーカー並みの執着心で彼を追いかけている。愛するマサがアユに肩入れするのが許せず、激しく嫉妬。狂気すら感じる姑息な手段でアユへの嫌がらせを繰り返す。

出典:ドラマ『M愛すべきひとがいて』公式HP

マサの事が好きすぎて、アユに嫌がらせをしたり、ある時は、マサに半ば脅迫の様に迫っているような場面もあります。

田中みな実さんも、見事に女の嫉妬心とメンヘラチックな愛情を、怖い位に演じられています。

実際に、眼帯を付けた人が迫ってきたら怖いですが、果たして姫野礼香は実在するモデルがいたのでしょうか?

いたとしたら、どのような人なのか気になりますよね。

しかし残念ながら、答えは「No」です。

実は、姫野礼香は原作の小説にはいない「オリジナルのキャラクター」だったのです!

なので、モデルも存在しないのですが、マサのモデルとなった松浦勝人さんには、女性の噂が絶えない人だったと言われています。

なので、実在したモデルはいませんが、そういった女性関係のある噂を参考に、物語を盛り上げるため、脚本家・鈴木おさむさんは「姫野礼香」というキャラクターを生み出したのかもしれませんね。

 

『M 愛すべき人がいて』田中みな実の眼帯の理由や意味がやばい?

さて次に、姫野礼香の1番の謎である「眼帯の理由と意味」について考えてみましょう。

第2話の時点では、まだ姫野礼香の眼帯の秘密については出てきていません。

しかし、そのヒントとなる言葉が、彼女のセリフの中で出てきています。

それがこちらのセリフです。

「わたしの目になるっていってくれたよねぇ?あの時・・・」

一体、2人の間に何があったのでしょうか?

スゴく意味深な言葉ですよね。

今のところ分かるのは、このセリフのから姫野礼香が眼帯をつけるようになった理由には、マサが関係しているという事です。

そして、眼帯をつける意味は、マサへの間接的な脅迫とも感じ取れます。

今後、マサと姫野礼香の2人の過去について語られ、眼帯の秘密が解明される事に期待ですね!

ぶどうを目の代わりに当てながら、言っていたセリフが怖かったー・・・

 

『M 愛すべき人がいて』田中みな実の演技が怖すぎていらない?

脅迫じみた愛情をささやき、嫉妬心をぶつける姫野礼香を、田中みな実さんは見事に怪演されていて、存在感もあります。

キャスト発表時には、「ぶりっこ&あざとキャラ」で有名になり、今は「美のカリスマ」としてテレビで活躍されている彼女からは想像がつきませんでした。

本業はフリーアナウンサーですが、2019年から女優にも挑戦していて、今回のドラマの姫野礼香役は、彼女の女優としての新しい新境地が開いたと思います。

しかし、原作には存在しないドラマだけの強烈なオリジナルキャラクターは、強烈すぎて、共演者がかすんでしまったり、ドラマに集中出来ないのではないか?と疑問を感じ、「いらなかったのでは?」と思う事もあります。

はたして、ドラマを見た視聴者からは、どのような感想が上がっているか見てみましょう!

 

秘書役田中みな実の演技の評判は?

最初は、謎の眼帯姿に戸惑う視聴者もいましたが、物語が進むにつれて、その演技力にも注目が集まるようになりました。

田中みな実さんのメンヘラ全開のマサへの愛情と、アユへの狂気に満ちた嫉妬の演技は、視聴者にウケていて、中にはその怪演がくせになってしまい、毎週楽しみにしている人もいましたね。

ある意味、普段の田中みな実さんでは想像付かないほどの振り切った演技は、今後も見物であり、姫野礼香はドラマをいっそう盛り上げてくれる事でしょう!

 

まとめ

田中みな実さんの女優としての新境地を開いた、ドラマ『M 愛すべき人がいて』に登場する姫野礼香は、実在するモデルはいるのか、また、眼帯を付けている理由や意味は何なのかについて、探っていきました。

『M 愛すべき人がいて』の登場人物は、それぞれに実在するモデルがいるのですが、姫野礼香はドラマオリジナルキャラクターであることが分かりました。

そして、現段階では姫野礼香の眼帯の理由や意味ははっきりとは示されていませんが、ドラマ内のセリフから、少なからずもマサが関係している事は分かっています。

ドラマオリジナルの強烈なキャラクターな事から、「いらない」という声も聞こえてきますが、大半は楽しみにしている視聴者が多く、よりドラマを盛り上げるのに欠かせない人物となっているので、「いらないキャラクター」と決めつけず、彼女の暗躍を楽しみましょう!(笑)

今後、田中みな実さんが演じる姫野礼香が、アユやマサにどのような試練を与えるのか、そして、眼帯の理由と意味は明らかになるのか必見です!

関連サイト:公式サイト/公式Twitter/オフィシャルブログ/