安斉かれん棒読み演技下手すぎはわざと?理由を調査!

安斉かれん棒読み演技下手すぎはわざと?理由を調査!
Pocket

「M 愛すべき人がいて」のあゆ役で一気にブレイクした安斉かれんさん♪

あゆ役をやるだけあって、可愛くて一生懸命に演技をしている姿が印象に残っています。

しかし一部では、安斉かれんさんの演技が下手すぎ!なんでこんなに棒読みなの?と言う意見や、わざと棒読みなのでは、と理由を詮索する方もいるようです。

安斉かれんさんの「M 愛すべき人がいて」の演技は、本当に下手すぎと言われるようなレベルなのでしょうか?

もしそうならば、わざと棒読みをしている可能性も十分ありますが、何か理由があるのでしょうか?

「M 愛すべき人がいて」の安斉かれんさんの演技について、徹底調査しました!

 

安斉かれん棒読み演技下手すぎシーン


話題沸騰、大人気のまま最終回を迎えた「M 愛すべき人がいて」。

ここで可愛くてあゆにピッタリのはまり役!と話題になった安斉かれんさんです。

しかし同時に、演技が下手じゃない?棒読みすぎ!と言うことでも話題になっていたようですね。

では、本当に棒読みなのか、SNSで特に話題に上がっていたシーンをいくつか見てみましょう!

 

初回冒頭のシーン(第1回)

「M 愛すべき人がいて」の初回の冒頭のシーンです。

あゆ役の安斉かれんさんがどんな演技をするのか、いちばん注目が集まっていたシーンでもあります。

旦那と見ていて、おもわず爆笑してしまいました!
期待してみていて思わず崩れ落ちた。
声がなんていうか。。。この先見るか迷うな。

 

DEPARTURESを歌うシーン(第1回)

マサの前でアカペラで『DEPARTURES』を歌うシーンです。

セリフはないのですが、マサに自分の歌唱力をアピールする重要な場面です。

歌は上手いけど感情が感じられない。。。ロボット?
歌ってる顔が無表情すぎる。

 

マサに怒るシーン(第2回)

マサの態度にイライラしてしまい、思わず声を荒らげてしまうシーンです。

感情がむき出しになってしまう、緊張感のあるシーンで、マサがあえてあゆの感情をむき出しにしようとするような場面です。

やっぱりぜんぜん感情が出てない。怒ってる?コレ。
声が大きくなっただけ。声に感情がない感じがする。
声を大きく出すシーンは、棒読みが逆に際立つかも。

 

マサと礼香のキスシーン(第7回)

あゆの未来のために、マサがあえて悲しい道を選択するシーン。

あゆにわざと見せつけるように礼香とキスをして、あゆとの別れを選択します。

最終回の大事なシーンでも安定の無感情(笑)
すごい衝撃のシーンのはずなのに、あゆの感情が見えてこないのは残念。

 

最終回ラストシーン(第7回)

最終回のラストシーン。

マサとの思い出を振り返りつつも、前に進もうと決意したあゆの、再出発を思わせるシーンです。

最後まで演技があまり成長しなかった気がする。。。
せっかくのいいシーンなんだけど、感情移入できなかった。

 

安斉かれん棒読みの下手すぎ演技はわざとなのか理由を調査!

「M 愛すべき人がいて」で有名人の仲間入りを果たした安斉かれんさんですが、あゆそっくりの可愛い顔も話題になっていましたね。

実は安斉かれんさんの「M 愛すべき人がいて」の演技では、下手!棒読み!と言う意見に、わざとそうやっているんじゃない?という意見もかなりあるようです。

それさえも演技だったらすごいですし、逆に理由も知りたいのですが。。。

しかしいくつか安斉かれんさんの演技が下手に見える、棒読みに聞こえる原因はこれなのでは?と言う予想も見つかりました。

 

初演技の初々しさをアピール?

実は安斉かれんさんは、演技が初めてなのにもかかわらず、「M 愛すべき人がいて」の主演に大抜擢されています。

そして、あゆの若いころを演じるという事もあり、あえて演技に慣れていない、初めての漢字を強く押し出しているのでは?と言う意見です。

なんだか演技が初々しいことで、確かに若い雰囲気は出せているような気はしますが。。。

どちらかと言うと、初演技のため慣れていない感じが隠し切れなかったのでは?という気もします。

 

話し方や声が原因?

もうひとつ多く聞かれたのが、安斉かれんさんの元々の話し方や、声の出し方が棒読みのように聞こえてしまうのでは?と言う意見です。

確かに抑揚やブレの少ない声で、少しキーも高いので、機械音のように感じてしまう方もいるのかもしれません。

実際に、安斉かれんさんだけでなく他の俳優でも、声が高かったり、特徴のある声の方は、演技が下手だ、棒読みだと言われがちではないですか?

しかし安斉かれんさんは、この特徴的な声もあゆ役抜擢の大事な要因だったはずですよね。

なっし
周りの俳優さんいも助けられたところも大きいけど、かれんちゃんも初々しくてとっても素敵だったよ♪

また機会があったら演技にも挑戦して欲しいな。

 

安斉かれんの次回作は?

安斉かれんさんの演技は、棒読みだとか下手だ、と言う意見ばかりではありません。

最初こそは慣れなかったものの、だんだんうまくなってきて感動した!声に特徴はあるけど、棒読みなんかじゃない!という方もたくさんいました。

安斉かれんさんの次回作が待ち遠しい方もいるかと思いますが、ドラマなどの次回作は決まっていないようです。

安斉かれんさんはもともと歌手活動を中心に行っています。

とても歌が上手で驚いた方も多いと思います。

おそらく、これからは新曲リリースなど音楽方面での活躍が続くのではないでしょうか。

なっし
さすが歌も上手くて可愛いから、これからもたくさんファンが増えそうだね♪

 

まとめ

「M 愛すべき人がいて」の安斉かれんさんの演技はわざと棒読みなのか、下手すぎと言われる理由などはあるのか、ドラマの動画と共に検証してみました。

安斉かれんさんの声が特徴的なので、棒読みに聞こえてしまったり、わざとなのでは?などと言われてしまうのかもしれませんね。

演技が下手すぎ!と言う理由も、安斉かれんさんは初演技という事なので、ある程度は大目に見て欲しい気がします。

今は有名な俳優でも、はじめは下手だと言われていた方もきっといるはず!

安斉かれんさんも、きっとこれからどんどん演技に歌に、活躍の場を広げていくと思います。

楽しみに見守りたいですね♪