岡崎隼士の小学校は岡山のどこ?フィギュアを始めた年齢は何歳?

岡崎隼士の小学校は岡山のどこ?フィギュアを始めた年齢は何歳?
Pocket

フィギュアスケートの岡崎隼士選手の小学校は岡山県のどこでしょうか?

2021年現在10歳で、ノービス2連覇という岡崎隼士選手。

岡崎隼士選手がフィギュアを始めたの年齢は何歳なのかも調べてみました!

 

岡崎隼士の小学校は岡山のどこ?

岡崎隼士は、岡山県の倉敷フィギュアスケーティングクラブに所属しています。

ということは、住んでいるのは岡山県内ですね。

倉敷フィギュアスケーティングクラブは、オリンピック選手の高橋大輔さん、世界ジュニア選手権銀メダルの実績がある、田中刑事さん、現在はアイスダンスで活躍中の平井絵己などが所属していたクラブです。

高橋大輔さん、田中刑事さんも、平井絵己さんも岡山県倉敷市の出身です。

岡崎隼士選手も倉敷市に住み、倉敷市内の小学校に通っている可能性で、現在調査を進めています!

 

岡崎隼士が岡山でフィギュアを始めた年齢は何歳?

岡崎隼士選手がフィギュアスケートを始めたのは、幼稚園の年長さんの時なので、年齢は5歳ですね。

羽生結弦選手の演技を見たことが、岡崎隼士選手がフィギュアスケートを始めたきっかけでした。

テレビのインタビューで岡崎隼士選手は、羽生選手のアクセルを見たとき、自分も羽生選手のようにアクセルを跳びたいと思って、フィギュアスケートを始めたことを語っています。

2021年現在の岡崎隼士選手は、憧れの選手を、アイスダンスに転向した高橋大輔選手と言っています。

出身地が同じで、今自分が所属しているスケートクラブから世界へ羽ばたき、オリンピックメダリストでもある高橋大輔選手に憧れるのは当然ですよね!

 

まとめ

以上「 岡崎隼士の小学校は岡山のどこ?フィギュアを始めた年齢は何歳?」をお届けしました。

最後までご覧いただきありがとうございます。