ストールの肩掛けで落ちない巻き方!コート代わりの使い方も紹介

ストールの肩掛けで落ちない巻き方!コート代わりの使い方も紹介
Pocket

最近寒い季節となってきて、アウターが欠かせなくなってきてますよね?

寒い時期になってきて、マフラーや手袋などのアクセサリーでおしゃれをしたい!と思ってる人もいるはず!

そこで今年の冬のマストアイテムとしてチェックされているのが、「ストール」です。

上品な人が着ている、おしゃれ上級者の使うアイテムというイメージもあるかもしれませんが、最近は結構重宝されていて肩や背中にかけても落ちない巻き方も紹介されています。

なっし
マフラーと違って長いし大きいからうまく巻けない!
みーたん
カワイイ、カッコイイストールの巻き方があるよ!

そんなストールを普段使いできる肩掛けで落ちない巻き方とコート代わりに使う使い方をこの記事でご紹介していきます!

 

ストールの肩掛けで落ちない巻き方!

おしゃれだけでなく冷え性対策にも効果的なストールですが、温かくいられておしゃれに着こなせるならかっこいいですよね♪

なっし
結構巻き方のバリエーションが多いね。しかも複雑なものもある!
みーたん
ひとつひとつわかりやすくわかりやすく解説するよ!

ストールの肩掛けで、普段使いしても落ちない巻き方をご紹介していきます。

よく見るエディター巻きなどは定番で簡単なので、少しランクの高い巻き方を見ていきますよ!

 

ワンループ巻き

ストールでのコーデが初めてという人や持っているストールが少なくて今の服と合わせられない!という人はワンループ巻きがおすすめですよ!

ワンループ巻きはどのコーデにも合わせられるお手軽な巻き方です。

顔周りでコンパクトにまとめることができて超便利です♪

コーデのバランスがとりやすく普通の服に軽くアクセントをつけるのにぴったりです。

ストールの素材、色によっていろいろな表情が楽しめ、ゆるく巻き付ければ女性らしい柔らかい雰囲気になりますよ。

引用:https://kinarino.jp/cat1-:キナリノ

  1. ストールの横幅を半分に折りたたむ。
  2. 両端を合わせて折り重ねる。
  3. 輪っかにした端に手をかけながら首に掛ける。
  4. 輪っかにもう片方の端を差し込む。

 

ミラノ巻き

ストールに立体感を出したい!という人にはミラノ巻きです!

首元にモコモコ感を出せておしゃれを出せるうえ、小顔に見せることもできるんですよ♪

下の画像のようにきつく縛ってカワイイリボンのように見せることも、ゆるく巻いてモデルのようにかっこよく演出することもできます。

かっこよく、かわいく、どちらにも対応できるのがいいところです。

引用:https://mine-3m.com/articles/103288#h2_title_2:MINE

  1. ストールを画像のように片側だけ長めにして首に掛ける。
  2. 長くした方をぐるっと一周させる。
  3. 首の内側からゆっくり引き出して輪を作る。
  4. 輪の中にもう片方の先を通す。
  5. 輪の中に通した先をそっとひっぱる。
  6. 反対側の端もひっぱり全体の形を整える。

 

ニューヨーク巻き

スタイリッシュに、かっこよく決めたいならニューヨーク巻きがおすすめです。

かっこよく外国人のように決められ、キレイ、カジュアルどちらのスタイルにも相性バツグンでコーデを選びません。

大判ストールならふんわり、リネンなど薄手のストールならきちんと感がして、どの服でお出かけするときにも役立ちますよ♪

引用:https://kinarino.jp/cat1-:キナリノ

  1. 両端が同じになるように首に巻き付ける。
  2. ストールの両端をクロスさせる。
  3. 一回軽く結ぶ。
  4. 手前の端が短くなるようにしてもう片方と合わせる。

 

ポット巻き

男性、女性どちらにもベストでいつもの巻き方といえば、ポット巻きです!

やり方がそんなに難しくないうえに、着け心地が暖かいくとても重宝します。

見た目もスマートで、薄手のショールに有効なので覚えておけば三つ以上のアクセサリーで活用できます。

冬以外には春や秋など様々な季節に活躍でき便利ですよ!

引用:https://kinarino.jp/cat1-:キナリノ

  1. 首に軽く一回だけ巻く。
  2. 首に巻き付けた部分を一度ねじって輪っかを作る。
  3. マフラーの端をそれぞれ輪に通す。
  4. きれいに型を整える。

 

クロス巻き

クロス結びとも呼び、マフラーでも活用できる巻き方です。

やや長めでボリュームがあり厚みがあるものに向いている巻き方ですので、冬場で厚手のストール、マフラーを使いたいという人はぜひ試してみてください!

首中央に大きなリボンではなく、ころんとした結び目でひらひらと両端が見えるリボンが特徴的な巻き方になっています。

かわいらしさに重点を置いた巻き方になっているのでカワイイを生かしたコーデと合わせるとよりかわいらしさを演出できますよ♪

引用:https://kinarino.jp/cat1-:キナリノ

  1. 中央をゆるくひと結びし、こぶを作る
  2. こぶを喉前にくるようにして、首に1周巻きつける
  3. 両端を左右それぞれこぶの中に通す
  4. 形を整える

 

ストールの巻き方でコート代わりの使い方も紹介

前章では肩掛けのストールの巻き方をご紹介していきましたが、少し大き目な大判ストールを使えば巻き方次第でコートのように掛けることもできます。

なっし
普通にコートを着るとその分重いし、出先で脱いだりすることができないから不便だったり…
みーたん
ストールだとコートより薄いしかさばらないから出先でも自由にできるよ!

マフラーにもコートにもなる便利なストールですが、コート代わりになる巻き方ってどんなものがあるの?という問いに答えていきたいと思います!

 

アフガン巻き

胸の上で三角を作るような見た目になるのが特徴のアフガン巻きのご紹介です!

西部劇に出てくる人がつけてるような巻き方でボリューム感があってかっこいいですよね♪

ストールがファッションの主役として全面に出てるため、シンプルからカジュアルまで様々なコーデスタイルに取り入れられます。

引用:https://kinarino.jp/cat1-:キナリノ

  1. ストールを首に掛ける。
  2. 端の角を胸元で逆三角形になるように残す。
  3. もう片方の端をぐるっと一周させる。
  4. 一周させた側のストールの端を中に入れる。

 

ベルト風アレンジ

引用:https://arine.jp/articles/16075#element-2760715:ARINE

大判ストールとベルトを使ってベストのような着方ができるのがベルトアレンジストールです。

大判ストールをサッと覆った後、ベルトを締め両端をベルトにしまい込めば完成です!

両端を交差させるようにしまい込めばより温かさを保つことができますよ♪

ベルトのアクセントがボヘミアンな雰囲気になって情緒あふれる印象をつけることができますのでぜひ試してみてくださいね。

 

二色使いアレンジ

引用:https://arine.jp/articles/16075#element-2760715:ARINE

リバーシブルの大判ストールを使えばまた違った印象になります。

普通に巻くのもよしですが、フロント部分でひねって表の色と裏の色を見せて着こなせば本物のコートのように見えます。

温かいうえにカラーリングも華やかでキュートに見えて最高ですよね!

その分コーデも幅が広がるのでいつもと違った印象に見せたいときに試してみてくださいね♪

 

ピンアレンジ

引用:https://arine.jp/articles/16075#element-2760715:ARINE

厚手の大判ストールを持っていて、今日は急いでいて凝った巻き方をしている暇がない!という人は、ピンを使って留めれば問題なしです!

巻き方は特に手順はなく、ただ自分の好きなように巻いて気に入ったピンで留めるだけです。

ゴールドのピンなら普段使いでも活用できますし、アクセントにもなるので一石二鳥です。

ゆったりふんわりした印象の大判ストールに、きれいめピンでしっかりと留めればほどよくバランスもとれますよ!

 

まとめ

ストールの肩掛けで落ちない巻き方とコート代わりに使う使い方をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

首に掛けたりするものって、ネックレスのように留め具がない限りしっかり巻き留めないと落ちてしまいますよね。

だからといってぎゅっと強く巻きすぎるとせっかくのきれいな生地がしわになってしまいますし、見た目も悪くなってしまいます。

最近はいろいろなストールの落ちない巻き方があるので、肩掛け、コート代わりの巻き方、使い方をぜひご参考にしてくださいね♪

この記事では紹介できなかったほかの巻き方もありますので、そちらもぜひ調べてみてください!