東リベ実写血のハロウィン編の公開日いつ?漫画の何巻何話からどこまで?

東リベ実写血のハロウィン編の公開日いつ?漫画の何巻何話からどこまで?
Pocket

2021年に大ヒットした東リベの実写ですが、2023年に新たに血のハロウィン編が上映される事が決まりましたね!

ファンの方はまだかまだかと公開日を待ち望んでいたのではないでしょうか。

いつ上映されるのか気になる方も多い中で、漫画の何巻何話からどこまでをやるんだろうと疑問に思う方もいるでしょう。

東リベの血のハロウィン編は感動する回と言われており、実写で見れると思うとワクワクしますよね。

今回は、公開日はいつで漫画でいうと何巻何話からどこまでなのかをまとめていきましたので参考にしてみてください。

 

東リベ実写血のハロウィン編の公開日いつ?


東リベの血のハロウィン編は前編、後編に分かれて上映される事が決まっていますが、公開日はいつなのかという情報について、現在まだ正式な発表はありません。

現時点で分かっているのは、2023年ゴールデンウィークに前編が公開され、同年の夏に後半という時期のみの発表のみでした。

映画の2部作に分かれていると期間が空いたりする事が多いのですが、本作は期間が短くてファンの方にとっては嬉しいですよね。

あくまでも予想なのですが、曜日なども考えると前編を2023年4月29日に、後半は3ヶ月後の7月29日に公開される可能性が高そうです。

ゴールデンウィークは4月29日からとなっており、丁度初日が土曜日でしたので、今までの映画公開日が土曜日になっている事が多いので十分にありえそうですよね。

なっし
早く公開日も発表してくれないかな~。

 

ムビチケの予約方法は?

ムビチケの予約をする前に「MOVIE WALKER」の会員登録をしておく事をオススメします。

  • ムビチケの公式HPにアクセスする
  • 観たい映画の作品を検索し選択
  • チケットの購入枚数を選択
  • 「MOVIE WALKER」にログインする
  • 購入を続けるボタンを押し、案内に従って情報を入れ、お支払い方法の選択
  • 購入を確定を押しお支払いをする
  • 完了後に登録したメールアドレスに購入番号と暗証番号を記載しているメールが届く
  • 観に行く予定の劇場のHPにアクセス
  • 購入した作品を選択し、日付と時間を選びます
  • 座席を選び、メールで届いた情報を打ち込む
  • 最後に4桁の購入番号が表示されるので確認する

なんだか難しい流れのように思いますが、会員登録をして準備をしていたり、案内をしっかり読み進めていけば簡単に予約が出来ますよ!

また、座席が選べるのは公開日3日前からになるのでご注意くださいね。

 

ムビチケはいつから販売?

東京リベンジャーズ2のムビチケの販売はいつからされるのか気になるところですよね。

しかし、現時点ではまだ発表されていませんでした。

予想としてはムビチケは公開日2ヶ月前くらいから発売している事もあるので、2月~3月に前売り券の情報が出てくるかもしれませんね。

映画の公開される日もおおまかにしか決まっていない状況ですので、まずはいつ全国ロードショーにになるのか明確に決まってから分かるでしょう。

ちなみに前作は2021年7月9日全国ロードショーに対して第1弾~第3弾に分けて発売されていました。

  • 第1弾(泣き虫のヒーローチーム):2021年4月21日~
  • 第2弾(愛美愛主・メビウスチーム):2021年5月14日~
  • 第3弾(東卍チーム):2021年6月4日~

この傾向からいくと、今回も第3弾に分けてムビチケが販売される可能性が高そうですので随時チェックが必要ですね!

 

ムビチケ限定特典は?

ムビチケの特典についても現段階では未定です。

前回の特典は第3弾に分かれて全10種類のムビチケカードでした。

  • 泣き虫のヒーローチーム(花垣武道、橘直人、橘日向、千堂敦)
  • 愛美愛主・メビウスチーム(稀咲鉄太、清水将貴、半間修二)
  • 東卍チーム(佐野万次郎、龍宮寺賢、三ツ谷隆)

1枚1,500円で販売されていたのですが、おそらく今回も前回と異なったビジュアルのムビチケカードが発売されると考えられます。

さらに前回登場しなかったメンバーの分カードの種類が増えると予想されるので楽しみですね!

特典情報が入り次第、追記致します。

 

東リベ実写血のハロウィン編は漫画の何巻何話からどこまで

続編となる東リベ2は「血のハロウィン編」という事が決定しているのですが、漫画ではどの部分なのでしょうか。

調べたところ、5巻36話~8巻70話までという事が分かりました。

武道が12年前にタイムリープしたところから始まり、2005年10月31日に芭流覇羅(バルハラ)と抗争するところを描いたのが「血のハロウィン編」といいます。

作中では、東卍にいた場地圭介が創設メンバーにも関わらずマイキーたちを裏切り、芭流覇羅に入ってしまいます。

しかし場地の行動は何か考えがあっての行動で本当に裏切った訳ではなさそうです。

芭流覇羅には同じ創設メンバーの羽宮一虎がいるのですが、彼に関してはマイキーに恨みを持っているようで、ずっと敵視しているようですね。

それぞれの思いを抱えながら血のハロウィン戦が始まってしまいます。

この回ではたくさん感動したという声があがるほど盛り上がるストーリーとなっていますので、実写では原作通りであってほしいと誰もが思うでしょう。

なっし
ここの回は本当神回だと思いますし、何度見ても泣けますね!

 

原作との違いはある?

調べてみたところ、原作では12年前にタイムリープしており、映画では10年前と2年のズレがありました。

中学時代に戻ったのか高校時代に戻ったのかの違いで、武道が学生時代に仲良かったグループを原作では溝中五人衆、映画では溝高五人衆と変わっています。

またストーリー内では橘直人が不良らにからまれていた時にたまたまその場所に武道の姿があったのですが、原作では瓶で脅して助けることに。

しかし、映画では脅すつもりでブランコを蹴った結果、自滅し不良らに「変なやつ…」といわれ去っていきましたね。

なぜこのような点が違いがあるのかは不明ですが、おそらく大人が中学生の役をやるのには無理があったのでしょうね。

この先の話もきっと違う点がいくつか出てきそうですが、そこまで大きく変わる事はないと思います。

みーたん
みんな背が高いという事もあり、少しでも違和感のないようにしたかったのでしょうね。

 

東リベ3はある?

血のハロウィン編の公開後に東リベ3はやるのかもファンの方にとっては気になるところです。

しかし、続編があるのかなどの情報は入ってきていません。

原作では2005年10月31日の抗争後は12月25日のクリスマスに新たに抗争が起きる聖夜血戦編に突入します。

東京卍曾と黒龍(ブラックドラゴン)の抗争で、原作では10巻80話~12巻107話まで描かれているのですが、もしかしたら映画でもやってくれそうな気がしますね。

ちなみにアニメで大ヒットし、映画も大ヒットした作品で「るろうに剣心」がありますが、こちらの映画も第5作まで公開されました。

東京リベンジャーズも原作とアニメ、映画と大人気作品ですので、東リベ3があるかもしれないと期待しても良さそうです。

 

アニメ映画化の可能性は?

本作のアニメ2期「聖夜決戦編」が2023年1月に放送する事が発表されていますが、アニメが映画化される可能性は低いと思います。

恐らくですが作者側の考えでアニメは地上波、実写版は映画館でというように分けているのではないかと考えられます。

もし、アニメも映画化されるのであれば、ファンの方からしたらもの凄く嬉しいニュースとなると思いますが、正直最終回まで続編でやってくれるとしたら地上波で問題ないと思う方も多いでしょう。

2023年には東リベのアニメの放送に2部にわたっての「血のハロウィン編」の全国ロードショーの決定と楽しみがいっぱいですね!

 

まとめ

今回、東リベ実写の「血のハロウィン編」の公開日はいつなのかをまとめ、漫画では何巻何話からどこまでなのかという疑問にも答えていきました。

実写の東リベは前作から人気で、今回の血のハロウィン編も期待大ですよね!

映画が公開される前に漫画の何巻何話からどこまでの話なのか知っておくことで楽しみが増えるでしょう。

公開日もいつなのかも頭に入れながら気長に待ちましょう!

なっし
今から待ち遠しいですよね~!

1日でも早く情報が欲しいです♪