アンサングシンデレラのこはる役 穂志もえかが可愛い!プロフや経歴を調査!

アンサングシンデレラのこはる(穂志もえか)が可愛い!プロフや経歴を調査!
Pocket

石原さとみさん主演の『アンサングシンデレラ』が絶賛放送中です!

薬剤師を主人公にした新しい切り口の医療ドラマということですが、ストーリーに加えて出演者も魅力的な方ばかりです。

また患者さんとして出演している方々も素敵ですよ。

中でも、萬津病院に入院している簑島心春(みのしま こはる)が可愛いと話題になっています。

こはるは、1話ごとに登場する患者ではなく毎回ちょこちょこ登場しているサブキャラクターの一人で、今後のストーリーに大きく関わってきそうな役です。

こはる役を演じているのは、女優の穂志もえか(ほし もえか)さん。

めずらしい名前ですし、とっても可愛いので、どんな方なのかプロフや経歴が気になります。

そこで、穂志もえかさんのプロフや経歴を調べてみました。

これで『アンサングシンデレラ』をもっと楽しむことができますよ!

 

アンサングシンデレラのこはるが可愛い!演じてるのは誰?

簑島心春(みのしま こはる)役を演じている穂志もえかさん。

三つ編みにぱっつん前髪がかわいいですね~!

こはるは、みどりが勤務する萬津総合病院の入院患者です。

みどりとくるみ(西野七瀬さん)が、服薬指導のために病院内を回っているときに出てきましたね。

入院中ですが、髪型や病室のインテリアなどに気を使うおしゃれな女の子です。

こはるの役について、穂志もえかさんはインタビューで下記のように語っています。

私の役、心春は、大病を抱えていても暗くふさぎ込んでいる人ばかりではない、ということを体現するキャラクターです。苦しみや葛藤も内包しつつ、それでも様々なことを諦めず、前を向いて生きていく姿をお見せできたらと思います。

引用:アンサングシンデレラ公式ホームページ

こはるは20歳ですが、小さい頃に白血病を患い入退院を繰り返しているんだそうです。

みどりとは、みどりが新人薬剤師として萬津病院に来たときからの付き合いなんだとか。

明るくふんわりとした話しぶりを見ると「病気に明るく立ち向かう女の子」という印象ですが…

レギュラー出演とのことなので、今後のストーリーに大きく関わってくる役なんだろうと予想されます。

何か事情を抱えているのでしょうか?

これからの展開が気になりますね!

 

アンサングシンデレラ出演で穂志もえかファン続出?!

ドラマにはちょっと出てきただけですが、SNS上ではすでに「かわいい!」と話題になっています。

出演時間は少ないものの、視聴者さんたちの印象に残っているようです。

入院中でもおしゃれを楽しんでいる姿、素敵ですね。

まずはドラマ前半で存在を印象付けておいて、後半に向けてどんどんストーリーにからんでいくかんじなのでしょうか?

こはるについての情報はドラマの回を追うごとに小出しにされているので、余計に気になってしまいます。

これからのストーリーに期待ですね!

 

アンサングシンデレラのこはる(穂志もえか)のプロフや経歴を調査!

かわいいと話題になっている穂志もえかさんですが、失礼ながら私は穂志もえかさんのことをよく知らなかったので…、プロフィールや経歴を調べてみました。

けっこういろいろな作品に出演されていて、「何で今まで知らなかったんだ!?」と不思議になるくらいです。

これからさらなる活躍が期待される、穂志もえかさん。

詳しいプロフィールをチェックしてみましょう。

 

穂志もえかのプロフィール

  • 生年月日:1995年8月23日
  • 出身:千葉県
  • 身長:160cm
  • 血液型:A型
  • 学歴:上智大学文学部ドイツ文学科卒
  • 所属:パパドゥ
  • 特技:バレエ、アルゼンチンタンゴ、ドイツ文学

穂志もえかさんの本名は芸名と同じ「ほし もえか」ですが、字が違うのだそうです。

本名の漢字は公表されていないようで、わかりませんでした。

以前は違う字の「保紫萌香(ほし もえか)」として活動されており、2018年10月に現在の「穂志もえか」に改名しています。

 

穂志もえかのこれまでの経歴

4~14歳までクラシックバレエを習っていて、その経験から自己表現の楽しさを知り、女優になろうと決めたんだそうです。

上品でおしとやかな雰囲気は、姿勢の良さやしなやかな仕草から感じられるものなのかもしれませんね。

上智大学に進学し、在学中は上智大学美少女図鑑にモデルとして登場していました。

なっし
大学にこんなかわいい子いたら見に行っちゃいますね!

20歳のとき、講談社主催のオーディション・ミスiD2016でグランプリを獲得します。

写真左の、赤い服を着ているのが穂志もえか(保紫萌香)さんです。

このときのキャッチフレーズが「魔性のベビーフェイス」。

確かに、かわいらしさの中に芯の強さやセクシーさを感じます。

審査員の一人である大森靖子さんには「透明で危ういのに絶対的存在感」と評価されました。

その後、映画やドラマ、CMなどに出演し、女優として活躍し始めます。

出演ドラマには、2017年『100万円の女たち』、2018年『獣になれない私たち』、2019年『ラジエーションハウス』第7話などがあります。

さらにJUJUさんの『東京』のMVやSHISHAMO『君の大事にしてるもの』 MVにも登場していますよ。

みーたん
名前はしっかり覚えていなくても、「ああ~あの子か!」となるんじゃないでしょうか?

映画では、代表作として2018年『少女邂逅』(しょうじょかいこう)があります。

ポスター左が穂志もえかさん、右はW主演をしたモトーラ世理奈さんです。

穂志もえかさんの唯一無二な存在感が味わえるとあって、ファンの間では人気なんだそうですよ。

2021年には今泉力哉監督の作品『街の上で』出演が予定されています。

 

まとめ

『アンサングシンデレラ』に、こはる役で出演中の穂志もえかさんについて、プロフや経歴を紹介しました。

入院中もおしゃれをしたり、他の入院患者に自分の洋服を貸してあげたりと、可愛いだけでなく周りを気遣う優しさも持っているこはるちゃん。

ドラマでは毎回こはるの可愛い一面が放送されるので楽しみですね。

こはるの情報は回を追うごとに少しずつ明らかになっているので、視聴者に印象を残しつつ、後半にドーンとこはるのストーリーがあるのではないかと予想されます。

また穂志もえかさんのプロフ・経歴を見てみると、女優として着実に実力を伸ばしているのがわかります。

今後のさらなる活躍が期待されますね!

『アンサングシンデレラ』、こはるにも注目しながら楽しみましょう♪