ヴァイオレットエヴァーガーデンは恋愛もの?少佐のセリフの意味は?

ヴァイオレットエヴァーガーデンは恋愛もの?少佐のセリフの意味は?
Pocket

ヴァイオレットエヴァーガーデンは実は恋愛ものなの?という声が聞かれます。

戦闘もの?恋愛もの?と、見る前に知っておきたい方も多いようです。

ヴァイオレットエヴァーガーデンは、どちらの括りとしても、素晴らしい作品です!

なぜ恋愛もの?と言う話になるのかと言うと、登場キャラクターであるギルベルト少佐のセリフとその意味に秘密が隠されています。

そこで、少佐の印象的なセリフと共に、恋愛の意味が込められているのでは?と言う部分も調査してみました。

 

ヴァイオレットエヴァーガーデンは恋愛もの?

アニメと言えば、知らない人はいないというくらいの、名作を多数作り続けて、私たちを楽しませてくれている「京都アニメーション」、通称・京アニの代表作とも言える、ヴァイオレットエヴァーガーデン!

きれいで丁寧な描写、登場キャラクターの美しさも魅力で、特にキャラクターの目がとってもキレイで、とても2次元とは思えないような、生命力を感じます。

この美しいキャラクターたちが、恋愛をすると考えると、なんだかそれはそれで美しい!恋愛ものでもイイ!と思ってしまいます。

しかし正解は「どちらでもない」、恋愛ものと言うほど恋愛に偏ってはいません。

ヴァイオレットエヴァーガーデンは、群像劇に括られていて、その時代背景の中で様々なストーリー展開があります。

 

ヴァイオレットエヴァーガーデンの恋愛の感想口コミ!

 

ヴァイオレットエヴァーガーデン少佐のセリフの意味は愛じゃない?

ヴァイオレットエヴァーガーデンが恋愛ものと言われる理由の一つが、ギルベルト少佐のセリフです。

繰り広げられていた大戦の終盤、ギルベルト少佐は負傷してしまいますが、ヴァイオレットも少佐を助けるためにかばい続けたことで、腕を失ってしまいます。

そのシーンで少佐が「心から愛してる…」とヴァイオレットに告げるシーンがあります!

確かにこれは恋愛なのでは?絶対好きの意味でしょ?と言う意見は根強いのではないでしょうか?

 

少佐のセリフの意味は恋愛?家族愛?

実は、見た人によって、とらえ方が結構違っているようです。

恋愛の意味でしょう!最高!と言う方もいれば、あれは家族愛、パートナー的な愛情が込められている、と言う方もいます。

しかし、とにかく感動作だという事は間違いなしです!

恋愛ものでも戦闘ものでもない、ヴァイオレットエヴァーガーデンの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ヴァイオレットエヴァーガーデンが恋愛ものなのか、少佐のセリフのに込められた意味についても調査してみました。

人それぞれ、とらえ方は変わってきますが、ここには希望的目線も含まれるのかもしれませんね。

ヴァイオレットエヴァーガーデンは恋愛ものでも、そうでなくてもとっても素晴らしい作品です。

少佐のセリフの意味は、アニメや原作を見て、受け取れるメッセージの違いも確認してみると、さらに没入できますよ♪

以上「ヴァイオレットエヴァーガーデンは恋愛もの?少佐のセリフの意味は?」をお届けしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。