YOASOBIあの夢をなぞっての原作小説とは?歌詞とアニメMVも紹介

YOASOBIあの夢をなぞっての原作小説とは?歌詞とアニメMVも紹介
Pocket

YOASOBIというユニットをご存知でしょうか?

2019年に11月に「夜に駆ける」という曲でデビューした今大注目の2人組ユニットです。

その人気はすさまじく、デビュー曲は1月のSpotifyバイラルチャートで堂々の第1位、YouTubeでのアニメMV再生回数は現在1600万回を突破しています。

彼らの最大の特徴は、制作する楽曲に原作小説がある、ということ。

情景描写やメッセージなどがもとになっている楽曲はいろいろありますが、小説を具現化する楽曲というのは珍しいのではないでしょうか。

歌詞には原作のストーリーを追っていくような言葉がちりばめられており、アニメMVも一緒に見るとさらにその世界観に引き込まれます。

ボカロPとして活躍するAyaseさんが作詞・作曲・編曲を担当し、ボーカルikuraさんの透明感のある伸びやかな声がとてもきれいで、ずっと聴いていたくなりますよ。

「あの夢をなぞって」はYOASOBIの楽曲第2弾として1月に配信されました。

現在YouTube再生回数280万回以上!その人気がうかがえますね。

この記事では、「あの夢をなぞって」の原作小説と、歌詞の意味を考察していきます。

歌詞に寄り添った映像が魅力的なアニメMVも紹介しますよ!

 

YOASOBI「あの夢をなぞって」の原作小説とは?

YOASOBI「あの夢をなぞって」の原作小説は、いしき蒼太さん著の『夢の雫と星の花』です。

小説・イラスト投稿サイトmonogatary.comに投稿された小説で、YOASOBIはこれまでもこのサイトに投稿された作品をもとに楽曲を制作しています。

『夢の雫と星の花』はmonogatary.comで開催されたコンテスト「ソニーミュージック賞」で大賞作品の一つに輝いた作品で、幼馴染みの高校生二人の甘酸っぱい青春ラブストーリーです。

私も原作小説を見たのですが、冒頭を少し読んだだけで物語の世界に引き込まれてしまい、結局最後まで一気に読んでしまいました。

普通の小説に比べると短めなので、「小説は苦手…」という人も無理なく読めますよ。

物語を読んだ後に改めて楽曲を聞き、また物語を読んで…としばらくハマってしまいましたね。

↓原作が気になる方はこちらからどうぞ↓

小説『夢の雫と星の花』いしき蒼太 著

YOASOBIはこれからもこのサイトに投稿された小説をもとに制作活動をしていくとのことで、今後の楽曲の原作となる小説を募集しているそうです!。

みーたん
楽曲に原作小説があるって、新しい発想ですよね。

今後の作品も楽しみ!

 

あらすじ

主人公は予知夢を見ることができる16歳の女子高校生、双見楓。

双見家は昔、巫女の家系だったこともあり、双見家に生まれる女性は未来予知の能力を持っているといいます。

楓もそれを受け継ぎ、小さい頃から予知夢を見ることができました。

しかし、一度未来を予知したら、その予知したとおりにならなければ能力が失われてしまうのだそうです。

「予知を変えられるのは1回きり、だからその1回は大切な人のために使いなさい」と祖母から教えられます。

ある日、楓はずっと好きだった幼馴染みの一宮に告白される予知夢を見ます。

予知夢のとおりになって欲しいのですが、楓は一宮を意識するあまりそっけない態度をとってしまいます。

一方、実は一宮も予知能力を持っており、以前から花火大会の日に楓から告白される未来を予知していました。

しかし最近になって一宮が楓に告白する予知をします。

一宮の能力も予知したとおりの未来にならないと失われてしまうため、二つの未来があることに戸惑います。

果たして二人にどんな未来が待っているのでしょうか?

ももち
幼馴染み、花火大会、未来予知…ドキドキする要素がいっぱいの青春ラブストーリーですね!

 

歌詞とアニメMVも紹介

ではAyaseさん作詞の「あの夢をなぞって」の歌詞と、アニメMVを見ていきましょう!

このアニメMVは、クリエイターの頃之介古論さんが手掛けています。

幼馴染み二人の心情が伝わってくるような目の動き、物語の鍵をにぎる四尺玉花火の美しさ…引き込まれます。

青春ストーリーらしく疾走感のあるメロディーに合わせて情景が移り変わり、小説の世界観を表現していて素敵ですよ。

歌詞も、物語のストーリーがそのまま文章になっているのではなく、わかりそうでわからない、絶妙な言葉選びが秀逸です。

聞けば聞くほど「そういうことかー!」と発見があります。

なっし
ぜひ原作と一緒に楽しんでほしいな!

 

楓の予知夢のシーン

夜の空を飾る綺麗な花
街の声をぎゅっと光が包み込む
音の無い二人だけの世界で聞こえた言葉は
「好きだよ」

夢の中で見えた未来のこと
夏の夜、君と、並ぶ影が二つ
最後の花火が空に昇って消えたら
それを合図に

冒頭では、楓が見た予知夢が描かれます。

花火大会の夜、ずっと好きだった幼馴染みに告白される未来を見た楓。

戸惑いながらも自分の見た夢を思い返しています。

最後の花火が打ちあがって消えたタイミングで、一宮から告白されるんですね。

 

学校のシーン

いつも通りの朝に
いつも通りの君の姿
思わず目を逸らしてしまったのは
どうやったって忘れられない君の言葉
今もずっと響いてるから

予知夢を見た楓は何事もなかったかのようにふるまおうとしますが、一宮を意識するあまり挨拶もできずに目を逸らしてしまいます。

そりゃ、好きな人から告白される未来を見たら、意識してしまいますよね。

好きだからこそ素直になれない楓の心情が伝わります。

「どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから」では、今朝の予知夢が頭からはなれない楓の様子も思い浮かびますね。

 

花火大会を待つシーン

夜を抜けて夢の先へ
辿り着きたい未来へ
本当に?あの夢に、本当に?って今も
不安になってしまうけどきっと
今を抜けて明日の先へ
二人だけの場所へ
もうちょっと
どうか変わらないで
もうちょっと
君からの言葉
あの未来で待っているよ

花火大会まではあと2週間。

まだ花火大会に一緒に行く約束もしていないし、一宮が自分のことを好きになるのかもわからない状態です。

自分の見た未来が本当のことになるのか、不安と期待が頭の中でグルグルしているかんじですね。

予知した未来が変わらないでほしいという思いも伝わってきます。

それは「予知能力を失いたくないから」という理由ではないのもわかりますね。

 

花火大会のシーン

誰も知らない
二人だけの夜
待ち焦がれていた景色と重なる
夏の空に未来と今繋がる様に開く花火
君とここでほらあの夢をなぞる
見上げた空を飾る光が今照らした横顔
そうずっとこの景色のために
そうきっとほら二つの未来が
今重なり合う

いよいよ花火大会当日を迎えたシーンです。

詳しくは原作小説を読んで欲しいのですが、めでたく二人は一緒に花火大会に行く約束をします。

「待ち焦がれていた景色と重なる」は、ついに花火を二人で見る場面になったことを表していますね。

まさに「あの夢をなぞって」いく様子が描かれます。

 

結末はどうなるの!?のシーン

夜の中で君と二人
辿り着いた未来で
大丈夫想いはきっと大丈夫伝わる
あの日見た夢の先へ
今を抜けて明日の先で
また出会えた君へ
もうちょっと
どうか終わらないで
もうちょっと
ほら最後の花火が今
二人を包む
音の無い世界に響いた
「好きだよ」

いよいよ、合図である「最後の花火」が打ちあがります。

二人が予知した二つの未来、どちらが現実になるのでしょうか?

また、二人の予知能力はどうなってしまうのでしょうか?

気になる結末はぜひ原作小説を読んでください!

きっと納得できると思いますよ。

 

まとめ

YOASOBIの第2弾楽曲「あの夢をなぞって」の原作小説と、歌詞の意味の考察を紹介しました。

原作小説をもとに楽曲を制作するなんて斬新だな~と思いましたが、曲の歌詞とメロディー、アニメMVが相まってとても素敵な世界観を作り出しています。

原作小説を読んでからアニメMVを見ると、歌詞の内容も深く知ることができますし、新しい楽しみ方ができました。

「夜に駆ける」「あの夢をなぞって」に続いて、第3弾「ハルジオン」も配信中です。

今後のYOASOBIの楽曲も楽しみですね!